洪水調節の仕組み

大雨が降った時には、洪水調節容量を使って洪水の一部を貯め、下流に被害を与えないように少しずつ水を流していきます。また通常の時は、ダムに流れこむ水量やダムに貯まっている水量にあわせて、水の調節を行います。 ダムがある時とない時の河川流量の違い

洪水前 洪水ピーク時 洪水直後

 通常は、下流に必要な水量を補給するため、水はトンネル内の放流管を通って川へと放流されます。また、大雨が降ってダムに流れ込む水量が増えた洪水調節時は、自然調節方式で洪水吐から放流します。

放流のしくみ

ページの先頭へ戻る

Copyright (c) 大分川ダム工事事務所.All Rights Reserved.