main_header
タイトル
 平成21年8月4日に決定された九州圏広域地方計画に対して、ホームページをご覧になった皆様からご意見を募集しています。
  なお、いただいた意見の内容については、今後の検討の参考とさせていただくとともに、個人が特定されない形で公表させていただく場合があります。

計画に対するご意見箱

[性 別]
男性 女性

[年 齢]

[お住まい(市町村名までで結構です)]

[ご意見]



計画づくりご意見集

これらは計画編集時点における意見等をとりまとめたものであり、九州圏広域地方計画において決定されたものではありません。

■論 文

九州技報「技報賞」懸賞論文
最優秀賞「私の理想とする国土形成」
  九州大学 大学院 工学府建設システム工学専攻 修士2年 藤浪 武志

優秀賞「私たちの生活を支える国土づくりのあり方について」
  福岡大学 人文学部 東アジア地域言語学科 3年 赤星 純怜

優秀賞「少子高齢社会に求められる「減災」のまちづくり」
  福岡大学大学院 工学研究科 建設工学専攻 1年 徳山 裕也

佳作「私たちの生活を支える、国土づくりの在り方について」
  九州共立大学 工学部 土木工学科 4年 納冨 剛

佳作「安心・安全な歩行者空間の整備による「人」優先の国土づくりの提案」
  福岡大学 工学部 社会デザイン工学科 4年 森原 由香理

■対 談

九州地方整備局のコミュニケーション誌「FACE」定期モニター参加レポート
  「九州全体の将来にどんな夢を描きたい?」
   定期モニター 伊藤 律子

■絵画コンテスト

“九州未来の図”絵画コンテスト
 受賞作品に込めた思い

■有識者の提言

image image

学識者懇談会委員からの提言

九州圏広域地方計画への提言
  佐賀大学 理工学部 都市工学科 教授  荒巻 軍治

九州協働体構想(Kyushu Sustainable Collaboration Perspective)
  山口県立大学大学院 教授 (九州大学 名誉教授) 小川 全夫

九州圏観光のこれからの戦略への考察
  長崎国際大学 人間社会学部 国際観光学科 教授  片岡 力

「自然・環境」「文化」「新たな公」に関する提言
  叶シ日本新聞社 特別顧問  玉川 孝道

高齢社会の中での高次ネットワーク型交流・連携の地域づくり
 (財)福岡アジア都市研究所 理事長 樗木 武

検討小委員会委員からの提言

ヒーリングアイランド・九州を目指して
  鰍cLC日中ビジネスコンサルティング 代表取締役社長  青木 麗子

総合的な防災対策の九州圏におけるあり方
  西南学院大学 人間科学部 児童教育学科 教授  磯 望

市民活動が形成する新たな社会の視点での九州圏広域地方計画について
  椛蜉L環境計画研究所 代表取締役所長  大貝 知子

防災減災の視点から見た九州圏広域計画の策定について
  鹿児島大学 工学部 海洋土木工学科 教授  北村 良介

九州圏広域地方計画における森林資源の保全と活用について
  九州大学大学院農学研究院 森林資源科学部門 教授  佐藤 宣子

広域救急医療体制(救急ヘリコプターの共同利用)と高速交通網に関する提言
  独立行政法人国立病院機構長崎医療センター
  救命救急センター長  山 隼人

九州における3Rを通じた「循環型社会」の構築について
  熊本大学 法学部 教授  外川 健一

人口減少時代の農山村の“ゆくえ”
  熊本大学 文学部 総合人間学科 教授  徳野 貞雄

活力ある九州圏を作り出す産業振興施策について
  且ュ児島地域経済研究所 経済調査部長  鳥丸 聡

今後の都市政策の2つの方向性 −コンパクトシティと創造的都市−
  宮崎大学 教育文化学部 准教授 根岸 裕孝

九州圏の半島振興の方向性について
  鹿児島大学 法文学部 経済情報学科 教授  宮廻 甫允

九州圏における情報化政策のあり方について
―地域の個性を活かすICT時代へ―

  熊本大学 教育学部 教授  山中 守

九州の自然と景観の特性を生かした九州圏広域地方計画への提言
  九州産業大学 商学部 観光産業学科 教授 横山 秀司
 
九州圏の離島振興の今後のあり方について
  (財)ながさき地域政策研究所 理事長  脇田 安大

ゲストスピーカーからの提言

「資源循環に基づく暮らしの再設計と自給圏域の設定」
  島根県中山間地域研究センター 主任研究員 笠松 浩樹

「活力ある経済社会を目指す九州圏がやるべきこと」
  (財)ながさき地域政策研究所 常務理事 菊森 淳文

「自立した地域社会に向けて〜顔の見える産業を考える〜」
  松下生活研究所 代表 松下 修

ご関心のある有識者からの提言

我が国における外傷センターの整備は喫緊の課題
  「運動器の10年(2000〜2010)」日本委員会 委員長
  (前 九州大学 総長) 杉岡 洋一

■国土形成計画シンポジウム

南九州の成長と九州圏土づくり

地方の時代に自立と交流を目指す九州

元気な九州・東アジアの産業を支えるインフラ

日本の新しいカタチと広域交流圏の形成