ダムの目的と役割

立野ダムは、白川沿川の洪水被害を防ぐことを目的とした洪水調整専用ダム(流水型ダム*)で、昭和28年6月洪水と同程度の洪水を安全に流すことを目指して、基準地点である代継橋地点における基本高水のピーク流域3,400m3/sを、立野ダムにより400m3/sの洪水調節を行い、計画高水流量3,000m3/sに低減し、洪水被害の防止又は軽減を図ります。

*流水型ダム:洪水調節のみを目的とするダムで、現在の川の高さとほぼ同じ高さに放流する穴を設置し、平常時には流水の貯蓄を行わないダム

立野ダムの役割

立野ダムは、下流において洪水時のピークを低減させ、洪水被害の防止、軽減を図るほか、洪水時のピーク流量の発生時間を遅らせるため、もし、浸水が想定される場合においても、避難する時間を長く確保することができます。

01_01

立野ダムの機能の特徴

立野ダムは、洪水調節のみを目的としていることから、洪水時のみにダムに貯蓄し洪水調節を行います。平常時は放流する穴を現在の河床とほぼおなじ高さに設置することで、水を貯めず、通常の川と同じ状態にします。

01_02
top_button