あそ立野ダム広報室の見学
※県下で新型コロナウイルス感染症リスクレベルが「レベル2 警戒」へと引き下げられたため、感染拡大防止対策を実施した上で開館中です。(感染拡大防止対策についてはこちら

「あそ立野ダム広報室」のご案内

「あそ立野ダム広報室」は、ダム事業の理解促進やダムを活用した地域振興に資することを目的に、令和元年9月に南阿蘇村の旧立野小学校の校舎の一部を利用して開所いたしました。

阿蘇地域の入り口に位置するこの広報室では、立野ダムに関する情報や、阿蘇の豊かなジオサイトの情報の発信も行っていきます。

広報室では立野ダムの概要、役割や仕組み、工事状況、白川の過去の災害状況などのパネル展示の他に、立野ダム周辺の立体模型や立野峡谷で観察される溶岩の展示、地域との連携、阿蘇カルデラの成り立ち、地域の昔の写真などの紹介も行っています。

施設利用について

●開館日:「平日(土・日・祝日休館)」
●開館時間:「10:00~12:00及び14:00~16:00」
●入場料:無料


「あそ立野ダム広報室」の展示は開館時間内であれば、自由にご見学頂けます。
広報室では、阿蘇にまつわる神話や阿蘇カルデラの成り立ち、ダムの放流孔模型や、立野ダムの概要などのパネル展示の他、立野ダム建設事業の経緯や当時の写真などの懐かしいものも展示しています。また、ダムの建設現場を間近に体感できるVR体験や、自分だけのダムを造ることができるペーパークラフト作製コーナーなどもあり、楽しみながらダムについて学べる施設となっています。(一部利用を制限しています。)


ダムカード   (11月1日から配布を再開します。)

国土交通省と独立行政法人水資源機構の管理するダムでは、ダムのことをより知って頂こうと、平成19年より「ダムカード」を作成し、ダムを訪問した方に配布しています。
カードの大きさや掲載する情報項目などは、全国で統一したものにしており、おもて面はダムの写真、うら面はダムの形式や貯水池の容量、ダムを建設したときの技術といった基本的な情報からちょっとマニアックな情報までを凝縮して載せています。カードは国土交通省と水資源機構の管理するダムのほか、一部の都道府県や発電事業者の管理するダムで作成し、ダムの管理事務所やその周辺で配布しています。

「あそ立野ダム広報室」でも建設中である立野ダムのダムカードを配布しています。
また、立野駅に隣接する「ニコニコ屋」でもダムカードを配布しています。

ニコニコ屋
住所  :南阿蘇村立野1576(立野駅前)
TEL   :0967-68-0104
営業時間:7:00-17:00(定休日 火曜日)

アクセス

場所:南阿蘇村立野1596 旧立野小学校1階
TEL:0967-68-0012
    駐車場は小学校前のグラウンドにございます。


top_button