鶴田ダム

 

ダムの管理

ダムの健康管理のために、日夜働いています。

 ダムを確実・安全に運用するためには、様々な設備と日々の点検が必要です。ダム湖の水を放流するためのゲート(水門)やゴミを下流に流さないための流木塵芥止め施設。また、ダム湖の水質調査や、ダムの変位量測定など、日夜、調査・点検を行っています。

平常時の管理

施設管理

管理施設点検

ダム本体やゲート等の施設、コンピューター等の施設が正常に動作するよう、定期的に点検・整備を行います。

(左図:ゲートの点検)

 
堤体の挙動観察

ダムの漏水量や変形、地震などを常時

監視・測定しています。

(左図:漏水量の点検)

 
維持・修繕の工事

各施設を適正に維持するための修繕・補修を行います。

(左図:ダム堤体壁面の補修工事)

 

ダム操作関係

データの監視・収集

気象・水象・貯水位・流量等のデータを監視・収集しています。

(左図:さまざまな観測装置)

 
訓練

洪水時に備え、ダム操作の訓練を行います。

(左図:ダム操作演習)

 

貯水池の管理

貯水池の巡視

貯水池や周辺に異常がないか見回り、異常時には対策を行います。

(左図:湖面巡視)

 
水質調査

貯水池内の水温や水質を調査し、問題発生時には対策を行います。

(左図:水質調査)

 
堆砂調査

貯水容量を把握するため、貯水池内に堆積した土砂の量を調査します。

(左図:堆砂測量調査)

 
流木塵芥処理

流入してくる流木やゴミを回収・処理します。

(左図:流木塵芥処理)

 
生物の生息・生育状況の把握

自然環境が保たれているかを確認するため、周辺の生物調査を実施します。

 
上へ

 

 

洪水時のダムの管理

下流の町を守るために、大雨と戦っています。

大雨が襲来し、洪水の危険性が高まってきたら管理所では洪水警報体制に入ります。上流雨量観測所・水位観測所からデータを集め、ダムに入ってくる水の量を予測し、放流の時期を判断します。放流が必要と判断されたら、下流住民のみなさんに様々な警報手段を使って、お知らせします。そして、洪水被害を軽減させるためにダムに入ってくる水の量を調節しながら放流します。

1.気象・水門データの収集

大雨注意報の発表。大雨で洪水の危険性が高まる!

 

2.放流設備の点検

雨量やダムへの流入量、ダムの貯水位、川の水位、気象情報などを監視。それらのデータを基に、今後のダムの水位やダムへの流入量を予測する。

統一河川情報システム。

 

3.放流判断

予測により洪水が起こる恐れがある場合、放流の判断を行い、全職員を招集する。

 

4.放流設備の点検

コンジットゲートなどを点検し、放流が正常に行われるよう準備。

 

5.放流通知

放流日時や放流量などを電力会社・県・各市町・警察署・消防署・川内川河川事務所などの関係機関に通知。

 

6.下流への警報・巡視

警報局や警報車からの音声放送やサイレン、情報表示板で、流域の人々に放流することを伝える。警報車で巡視を行い、川に残っている人がいないか等、川の中の安全を確認する。

 

7.放流開始・予備放流

洪水に備えてあらかじめダムの貯水位を下げて、流入量の一部をダムに貯めるための容量を確保する。

 

8.洪水調節

さらにダムへの流入量が増えると洪水調節を実施。流入量の一部をダムに貯めて、下流域の被害を軽減する。

 
上へ

 

 

管理設備

1)クレストゲート

堤体上部に位置するゲート。 高さ11.5mx8.5mのゲート2門と 高さ14mx12mのゲート2門とがあります。

2)コンジットゲート

ダムの中央に位置する 高さ4.18mx幅4.3mの3門ゲート。

 
ダム管理所

管理所の組織は、管理係、電気通信係、 総務係の3つのセクションから成り、 ダムの管理・運用にあたっています。

 
CCTVカメラ

12台でダムの堤体や周辺の状況を映し出し、監視します。

 
流木・塵芥止め施設

貯水池に流れ込んだ流木やゴミ類を ダム堤体の上流で止めます。

 

 

管理設備一覧表

種 類 名 称 構造企画・その他 数 量
建 物 管理所 鉄筋コンクリート2階建て 1式
放流設備 コンジットゲート 高圧ラジアルゲート
油圧式、高4.18m x 幅4.3m
3門
クレストゲート ラジアルゲート ワイヤードラムウィンチ式
高11.5m x 幅8.5m
2門
クレストゲート ラジアルゲート ワイヤードラムウィンチ式
高14.0m x 幅12.0m
2門
非常用放水管 スライドゲート 直径1.1m 1門
電気設備 受変電設備 受電電圧3相 6,600V 1式
発電設備 ガスタービン発電機 260PS 200KVA(固定) 2台
発電設備 ディーゼル発電機 98PS 75KVA(可搬) 1台
観測設備 雨量観測所 テレメータ 70MHz帯 11ヶ所
水位観測所 テレメータ 70MHz帯 1ヶ所
流量観測所   1ヶ所
ダム観測設備 ベンジュラム(たわみ計) 8ヶ所
ダム観測設備 漏水量測定 集水槽4ヶ所 三角堰7ヶ所 1式
ダム観測設備 揚圧力測定(間隙水圧) 17孔
気象観測設備 風向、風速、気温、湿度、日照 1式
地震観測設備 強震計 4ヶ所
CCTV設備 カメラ 12台
警報設備 サイレン・スピーカ局 サイレン装置 2.2kw 拡声装置100w 19ヶ所
スピーカ局 拡声装置100w 6ヶ所
放流警報表示板 LED式 8ヶ所
警報立札   30ヶ所
通信設備 鶴田固定局 多重無線通信装置 6.5GHz帯 (宮之城向け) 1式
鶴田固定局 多重無線通信装置 7.5GHz帯 (菱刈向け) 1式
鶴田固定局 ディジタル端局装置 1架
鶴田第2固定局 テレメータ 70MHz帯 (栗野岳向け) 1式
鶴田基地局 60MHz帯 1式
栗野岳中継局 テレメータ 70MHz帯 1式
寺山中継局 放流警報 70MHz帯 5W 1式
寺山中継局 放流警報 400MHz帯 1式
高倉中継局 放流警報 400MHz帯 1式
陸上移動局 60MHz帯 5台
陸上移動局 400MHz帯 4台
有線通信設備 ディジタル端局装置(SDH) 150M 2架
制御設備 ゲート制御設備 演算処理装置 2台
ゲート制御設備 付属設備(操作卓、入出力処理装置、情報伝達処理装置など) 1式
自動車
及び
船舶設備
警報車 拡声装置、サイレン装置、赤色回転灯等付 2台
巡視船 定員7名 150PS FRP製 1隻
作業船 定員10名 115PS FRP製 1隻
作業船 定員7名 40PS FRP製 1隻
その他 エレベータ施設 積載量1.1t 定員16名 速度60m/min(堤体) 1基
エレベータ施設 積載量0.9t 定員13名 速度60m/min(管理所) 1基
係船設備 ガイドレール式 1基
焼却設備 焼却能力 4.5t/日 1基
曝気設備 0.7Mpa 6.50m³/min 1基
網場設備 471.5m 通船ゲート1基付 1式
上へ

 

 


鶴田ダム管理所 〒895-2102 鹿児島県薩摩郡さつま町神子3988-2 TEL 0996-59-2030 FAX 0996-59-2994

COPYRIGHT © 2011 TSURUDA-DAM ALL RIGHT RESERVED