Facebookでシェア
twitterでシェア
LINEでシェア

「球磨川流域復興だより」 第1号(令和2年 9月 4日発行)

新組織【⼋代復興出張所】が設置されました(令和2年9⽉1⽇)

令和2年7⽉豪⾬により、甚⼤な被害を受けた河川、道路の災害復旧⼯事等を迅速かつ⼀体的に進めるため、令和2年9⽉1⽇付けで、⼋代河川国道事務所に「⼋代復興出張所」が設置されました。

当復興出張所は、災害復旧⼯事等を専属で担当する組織として、関係機関との調整や連携を図りながら迅速かつ円滑な権限代⾏による事業を⾏い、被災地の復旧・復興を加速化してまいります。

⼋代復興出張所の開所にあたり、徳⽥⼋代復興出張所⻑は「本復旧⼯事など早期の復旧復興を願う地域の皆さまからの期待に応えるためにも、使命感をもって職員⼀丸となって、災害復旧・復興に邁進してまいります。」と⼒強く決意表明しました。

 

【⼋代復興出張所】の所在地

熊本県⼋代市萩原町1丁目708-2
(⼋代河川国道事務所内)

道路班

  • TEL 0965-37-8421
  • FAX 0965-37-8422

河川班

  • TEL 0965-37-8423
  • FAX 0965-37-8424

河川事業の復旧状況

国が管理する排⽔施設の応急復旧が完了

7⽉豪⾬で機能が停⽌していた4箇所のポンプ施設と2箇所の排⽔樋管が、9⽉2⽇までに応急復旧が完了しました。

施設⼀覧

ポンプ施設
  • ⾈⼾排⽔施設(球磨村)
  • 渡排⽔施設(球磨村)
  • 今村排⽔施設(球磨村)
  • 九⽇町排⽔機場(⼈吉市)
排⽔樋管
  • 渡第三排⽔樋管(球磨村)
  • ⼋⽥排⽔樋管(相良村)

道路事業の復旧状況

⻄瀬橋(県道⼈吉⽔俣線)の開通

7⽉豪⾬で橋桁の⼀部が流された⻄瀬橋の復旧⼯事が完成し、9⽉4⽇午前6時30分から⾞両と歩⾏者が通⾏できるようになりました。

⼤型クレーンで橋桁を架設したもので⼯事着⼿から約1ヶ⽉半で完成しました。

これにより、⻄瀬⼩学校及び⼈吉第⼆中学校の⽣徒の皆さんは、従前どおり通学できるようになりました。

「最初は渡るのが少し怖かったけれど、通れるようになって良かった。友達と話しながら学校に⾏けるのが楽しい」と登校する⼩学⽣からの喜びの声がありました。

 

 

 

ページの先頭へ戻る

Copyright (c) 国土交通省 九州地方整備局 八代河川国道事務所.All Rights Reserved.