東西トンネル(下り線)シールドマシンの位置

東西トンネル(下り線)シールドマシン名称「シールどん」の位置

  令和5年11月27日に掘進を開始した鹿児島東西道路 東西トンネル(下り線)(仮称)のシールドマシン(愛称:「シールどん」)は、発進立坑から約53mの位置まで進み、初期掘進①※1を完了しました。
  現在、初期掘進②※2に向け、シールドマシン後方の後続台車や、掘進に必要な設備を移動・配置を行う「段取り替え」の作業に着手しています。
  今回の「段取り替え」の作業期間は令和6年4月までを予定しており、作業期間中、掘進を一時停止します。
  「段取り替え」の作業期間中は、写真にて状況をお知らせします。


  【段取り替え】
  
○本工事では、初期掘進①と初期掘進②の間、初期掘進②と本掘進※3の間の2回を予定しています。
    ※1 初期掘進①:坑内に後続台車を配置せず、マシン単体で掘進します。
    ※2 初期掘進②:坑内に後続台車を3台配置し、掘進します。
    ※3 本  掘  進:坑内に後続台車を6台配置し、掘進します。

位置図


位置図
段取り替えの作業状況写真(発進立坑からシールドマシン側を望む)

位置図

事業紹介