道の駅 清和文楽邑

清流と星が輝く文楽の里
国道218号

清和文楽邑(せいわぶんらくむら)

伝統が息づく「清和文楽」

「道の駅」清和文楽邑は、国道218号沿いの九州のほぼ中間に位置しています。 (御船ICより車で60分)。九州で唯一の専用劇場文楽館では江戸末期から伝わる文楽人形芝居が上演されており、 隣接の物産館では山菜や地元で採れた健康野菜を使った郷土料理が味わえます。

施設概要

所在地 熊本県上益城郡山都町大平152番地 [地図を見る]
電話 0967-82-2727
FAX 0967-82-3340
営業時間 9:00~17:00
レストラン、喫茶・軽食
11:00~15:00
資料館
9:00~17:00
休館日 毎週火曜日
(祝祭日は営業)
路線名 国道218号
アクセス ・九州自動車道「御船I.C」より東へ42.0km
情報
コーナー
○提供エリア及び提供時間
「物産館」内 9:00~17:00

○情報提供機器
掲示板 1台

○情報提供内容
[道路情報および近隣の「道の駅」情報]
ルート情報を地図で提供

[観光情報]
駅周辺の観光施設情報を情報端末、チラシで提供

[医療情報]
なし

[他の「道の駅」の情報]
チラシで提供

[その他情報]
なし
付帯施設 文楽館
物産館
四季のふるさと
資料館

インフォメーション

店舗・売店 レストラン 喫茶・軽食 休憩所 乳幼児用設備 情報コーナー ポスト 温泉 フォトスポット&パーキング
シャワー 宿泊施設 公園 体験施設 展望地 博物館・美術館 スポーツ活動 キャンプ場
詳細を見る

周辺の観光情報

鮎の瀬大橋
清和高原天文台
通潤橋

周辺のイベント情報

1月 九州山地神楽祭
3月 日向往還歴史ウォーク
5月 矢部新茶まつり
8月 火伏地蔵祭
9月 八朔祭、文楽の里まつり
11月 蘇陽峡もみじ祭り

駅のイチオシ情報

道の駅清和文楽邑のイチオシは、農村文化の原型を“今”に伝える『清和文楽人形芝居』です。嘉永年間(1848~1854)より伝承されたこの人形芝居は、現在熊本県に残る唯一のものとして、神社の祭典等で村人に披露され、好評を博してきました。現在では、保存会の人々が農業のかたわら人形を操り、清和村出身の太夫・三味線も誕生し、浄瑠璃を語ります。定期公演は、第2・4日曜日の午後13時30分から60分間です。 (月によって変動有)

この道の駅のメニュー

文楽膳、だご汁膳