竜門ダムの位置

我が国最大級の複合形式ダム 

 

 竜門ダムは熊本県北部を流れる菊池川の支川迫間川上流に位置しています。熊本県北部で唯一の水ガメとしての役割の他、台風や大雨が発生した場合に下流へ流す水の量を調節し、洪水を防ぐために平成14年に完成しました。重力式ダムとロックフィルダムの複合形式の多目的ダムで、堤高99.5m、堤頂長620m、総貯水量4250万m3です。
 竜門ダムがある菊池市は阿蘇観光ルートの北の玄関口に位置し「菊池温泉」、「菊池渓谷」の2つの観光拠点を中心に、年間200万人の観光客が訪れる観光都市です。菊池市の市街地から約10分と交通アクセスがよく、また周辺の地形がゆるやかで利用しやすいということは、竜門ダムの大きな特長の1つになっています。

 

 

竜門ダムの緒元

ダム
河川名 菊池川水系迫間川
位置 熊本県菊池市大字龍門、班蛇口
形式 複合ダム
ダム諸元 重力式ダム フィルダム
堤高 99.5m 31.4m
堤頂長 380m 240m
堤体積 844千m3 230千m3
堤頂標高 EL.284.5m EL.286.4m
非越流部標高 EL.284.5m EL.285.9m
堤頂幅 8.0m 10.0m
堤体法勾配
上流面

下流面

鉛直
フィレット 1:0.4
1:0.75

1:2.6

1:2.0
 
集水面積 26.5km2
湛水面積 1.3km2
設計洪水位 EL.283.2m
サーチャージ水位 EL.281.0m
常時満水位 EL.274.5m
最低水位 EL.219.0m
総貯水容量 42,500,000m3
有効貯水容量 41,500,000m3
洪水調整容量 8,000,000m3
利水容量 33,500,000m3
河川環境の保全 11,500,000m3
かんがい19,300,000m3
工業用水2,212,000m3
水道用水488,000m3
堆砂容量1,000,000m3
 
常用洪水吐き
非常用洪水吐き
コンジットゲート2門自由越流堤
自由越流堤
計画高水流量 540m3/s
計画最大放流量 100m3/s