事務所のご案内

防災情報

  • 五ヶ瀬川防災情報(ライブ映像)
  • 道路防災情報 (ライブ映像)
  • 防災情報

河川情報

  • 五ヶ瀬川かわまちづくり
  • 河川工事の進捗状況
  • 河川情報

道路情報

  • 新たな道づくり
  • 維持修繕
  • 交通安全対策
  • 道路情報
発注情報 ご意見BOX

道路情報

国道10号 門川日向拡幅

 門川日向拡幅事業は、門川町草川~日向市大字平岩間の交通混雑解消を図るために計画された、現道拡幅事業です。

 昭和45年度に事業化し、現在までに門川町加草~日向市財光寺長江交差点、及び日向市財光寺木原交差点~小倉ヶ浜交差点の延長約11.3kmの整備を完了しています。

 平成30年度は、早期4車線化を目指し、日向市財光寺(ざいこうじ)地区 長江交差点~木原交差点間(延長1.2km)の工事・用地買収等を推進します。


区間:区間:東臼杵郡門川町加草~日向市大字平岩
延長:L=12.8km
幅員:W=23~25~31m
構造規格:第4種第1級
設計速度:V=60km/h
事業化:昭和45年度

現地状況 (平成26年3月 完成区間・ 延長 約800m)

小倉ヶ浜交差点から延岡市方向を望む
木原交差点から宮崎市方向を望む

整備効果


 
交通渋滞の緩和

交通量が増えても、拡幅により容量が増すため混雑が緩和され、快適に走行できます。
交通安全の確保

4車線に拡幅することにより、混雑が緩和されると交通事故減少につながります。