国土強靱化

Facebookでシェア
twitterでシェア
LINEでシェア

「防災・減災、国土強靭化のための3か年緊急対策」とは

(1)基本的な考え方

○本対策は、「重要インフラの緊急点検の結果及び対応⽅策」(平成30年11⽉27⽇)のほか、既往点検 の結果等を踏まえ、
・防災のための重要インフラ等の機能維持
・国⺠経済・⽣活を⽀える重要インフラ等の機能維持
   の観点から、特に緊急に実施すべきソフト・ハード対策について、3年間で集中的に実施するもの。
○国⼟交通省では、緊急点検結果を踏まえた対策62項⽬及び既往点検結果を踏まえた対策等5項⽬ 合計67項⽬について緊急対策を実施する。

(2)本対策の期間と達成目標

○期間︓2018年度〜2020年度の3年間
○達成⽬標︓防災・減災、国⼟強靱化を推進する観点から、対策を完了(概成)または⼤幅に進捗させる。

九州ブロックにおける「防災・減災、国⼟強靭化のための3か年緊急対策」等の事前防災効果事例

〇「防災・減災、国⼟強靭化のための3か年緊急対策」等により、令和2年7⽉豪⾬など近年の激甚な災害でも効果を発揮しています。
    また、今後起こりえる激甚な災害に対しても、効果発揮が期待できる対策も⾏っています。


九州ブロックにおける「防災・減災、国⼟強靭化のための3か年緊急対策」等の事前防災効果事例はこちら(PDF/9,438KB)


〇なお、全国の事前防災効果事例については、国⼟交通本省のHPに掲載しております。


全国の事前防災効果事例はこちら(PDF/368,481KB)

ページのトップへ