高規格幹線道路 西九州自動車道

地域の活力ある未来のために

全国的な自動車の高速交通の確保・主要拠点間の連絡強化を目的として、昭和62年6月の道路審議会答申及び第4次全国総合開発計画に基づき、全国で14,000kmの高規格幹線道路網が計画されました。

この幹線道路により、地方中枢・中核都市、地域の発展の核となる地方都市及び周辺地域等が概ね1時間程度で連絡可能となります。

人・街・自然がグ~ンと近くなる

西九州自動車道は高規格幹線道路網の一環として、福岡市から唐津市・伊万里市・佐世保市を経て武雄市に至る延長約150kmの自動車専用道路で、九州北西部の地域経済の活性化、高速走行の定時制の確保に大きく寄与するものです。

整備箇所

事業箇所名 区 間 延 長 幅 員 車線数
1 唐津道路 自:福岡県糸島市二丈鹿家
至:佐賀県唐津市原
L = 10.4km
(うち佐賀県側9.4km)
20.5m 4車線
(2/4車線
供用中)
2 唐津伊万里道路 自:佐賀県唐津市原
至:佐賀県伊万里市南波多町府招
L = 18.1km 20.5m

4車線

(2/4車線

部分供用中)

3 伊万里道路

自:佐賀県伊万里市南波多町府招
至:佐賀県伊万里市東山代町長浜
L = 6.6km 20.5m 4車線
4 伊万里松浦道路 自:佐賀県伊万里市東山代町長浜
至:長崎県松浦市志佐町
L = 17.2km
(うち佐賀県側10.1km)
12.0m 2車線

(部分供用中)

事業箇所名をクリックすると詳細ページが表示されます

 

 

ページの先頭へ戻る

Copyright (c) Saga National Highway Office. All Rights Reserved.