・施策@
・施策A
・施策B
・施策C















九州営繕長期ビジョンC

市民に信頼される透明性の高い官公庁施設

コストバランスに優れた施設整備の推進

情報化社会に対応した効率的な執行

機動力のある業務の推進

公共事業の説明責任の確率

国際化に対応した入札、契約制度の推進
建築物の建設費は、氷山の一角です。
修繕費・運用費が圧倒的な割合を
占めています。


[ライフサイクルコストのイメージ図]



前のページへ戻る。