国道3号 黒崎地区の交通を円滑化

渋滞を解消するとともに、都市機能の充実を図ります。

国道3号黒崎バイパスは、八幡及び黒崎周辺の交通混雑の解消、交通安全の確保を図るとともに、北九州都市高速道路等と一体となって自動車専用道路ネットワークを形成し、特定重要港湾北九州港等の物流拠点へのアクセス性を向上することにより産業の活性化を支援する道路です。
また、平成24年9月30日には前田ランプと北九州都市高速道路を結ぶ延長1.2kmが開通しました。


黒崎バイパス整備状況写真(JR黒崎駅付近上空より小倉方面を望む)

事業計画概要

路線名 国道3号
箇所名 黒崎バイパス
延長(km) 5.8
幅員(m) 17.5
構造規格 2種2級
都市計画決定 H2.12.17
H14.7.17
事業化年度 H3
用地着手年度 H5
工事着手年度 H10
開通状況
(2019.4時点)
4車線 2.9km
2車線 2.3km
備考

黒崎バイパス断面図

陣原~西本町の所要時間比較

工事状況

春の町ランプ整備状況

平成31年3月末現在の状況