水災害は新たなステージへ

近年、九州の各地で多発する豪雨災害

福岡

H24年7月 矢部川(柳川市大和町)

福岡

H15年7月 御笠川(福岡市博多区)

佐賀

H2年7月 六角川(武雄市)

長崎

S57年7月 中島川(長崎市)

熊本

H24年7月 白川(熊本市北区龍田一丁目)

大分

H24年7月 山国川(大分市)

宮崎

H17年9月 五ヶ瀬川(延岡市岡富地区)

鹿児島

H18年7月 川内川(さつま町)

局地化・集中化・激甚化する雨による九州のリスク

集中豪雨

平成24年7月12日3:00

平成24年7月12日6:00

平成24年7月 九州北部豪雨(熊本県白川流域)

1時間降水量50mm以上の根管発生回数(九州・山口地域)

出典:「九州・山口県・沖縄の気候変動監視レポート2013」福岡管区気象台・沖縄気象台・長崎海洋気象台

  • 約3時間の短時間に累積雨量300mm以上の非常に激しい雨が継続
  • 過去40年間で比較すると、50mm/hを超える降雨回数が増加傾向

大型台風

  • 日本に上陸した台風の30%以上が九州に上陸(H7~H26)
  • 特に九州は、「非常に強い」勢力のまま上陸するリスクが高い
  • 平成26年・27年には、4つの台風が九州に上陸

明らかに雨の降り方などが変化していることを「新たなステージ」として捉えて
最悪の事態を想定して、個人・企業・地方公共団体・国等が、
主体的かつ連携して対応する体制の構築

命を守る

社会経済の壊滅的な
被害を回避する