佐賀県の事故状況

佐賀県は平成24年~平成28年の間、人口10万人あたりの人身事故件数が5年連続ワースト1位でしたが、平成30年にワースト2位となり、令和元年においてもワースト2位となりました。

 

 

過去10年間の死傷事故の推移を見ると、平成26年以降減少傾向であり、事故件数の最も多い平成25年と令和元年を比べると、4,324件減少(46.1%減)しており、事故対策の効果が出ています。

 

 
 

ページの先頭へ戻る

Copyright (c) Saga National Highway Office. All Rights Reserved.