松原堰

施設名 松原堰 管理者 国土交通省
型式 ゴム引布製起伏堰 河口からの距離(m) 13,250
堰長(m) 144.23 目的 洪水時の疎通能力増大
平常時の水位確保
魚道 階段式
完成年月 平成10年度

 この堰の航空写真この堰の地上写真

松原堰は、矢部川と派川沖端川との分派点にある利水上重要な施設です。しかし、今までは固定堰であったため、洪水時に矢部川から沖端川へ過大な水が流れ込み、沖端川流域に洪水被害を引き起こす原因となってきました。また、矢部川自体のスムーズな流れも阻害されていました。

このため、松原堰を可動堰に改築することとなりました。沖端川への洪水の分流量を減じるとともに、矢部川本川の流下能力の向上を目的としています。また、平常時には、松原堰に設けられた調節ゲートと沖端川調節堰によって、流水の適正な分派を図ります。

ゴム堰のしくみ

平常時には、ラバー堰の中に空気が送り込まれ、膨らんだ状態となり、川の水をせき上げます。 洪水が発生し、一定の水位に達すると、中の空気を排出し、縮んだ状態となり、スムーズに下流に水を流します。水位をせき上げる堰を一時的になくすることで、安全に河川を流れることができる水量を増やします。  

日向神ダム瀬高堰大和堰名鶴堰松原堰

広瀬堰花宗堰山ノ井堰花宗溜池


(C)国土交通省 九州地方整備局 筑後川河川事務所. All Rights Reserved.