新富バイパス

事業概要

国道10号は、北九州市を起点として、大分市や宮崎市を経て鹿児島市に至る延長約450kmの重要な幹線道路です。

国道10号新富バイパスは、交通が集中している新富町市街地から宮崎市佐土原町において、交通混雑の緩和や交通安全の確保等を図る4車線化の事業です。

全体事業費(億円)

区間 事業費
国道10号 新富バイパス 177

平面図

平面図

標準断面図(m)

標準断面図(m)


【担当課:工務第三課、調査第二課】

Copyright (c) 宮崎河川国道事務所 .All Rights Reserved.