整備効果

整備効果1

防災機能の向上

現道の津波浸水区間や防災上危険な箇所を回避し、災害時の救助活動においても、機能する信頼性の高い高速ネットワークを形成します。

整備効果2

広域周遊観光ルート形成による観光復興を支援

油津港から周辺観光地への移動時間短縮等により、広域周遊観光ルートが形成され、観光振興を支援します。

 

 

整備効果3

物流効率化による地域産業を支援

現道の道路線形が厳しい箇所を回避することにより、走行性、安全性が向上し、物流効率化による地域産業を支援します。


【担当課:調査第二課】

Copyright (c) 宮崎河川国道事務所 .All Rights Reserved.