整備効果

整備効果1

速達性向上による観光経済活性化

観光地間の速達性向上により、周遊観光が増加し、観光経済の活性化が期待されます。

整備効果1

整備効果2

走行環境改善による円滑性・安全性向上

線形不良個所や死傷事故率の高い箇所を回避し、安全で円滑な走行環境を形成します。

整備効果2


【担当課:調査第二課】

Copyright (c) 宮崎河川国道事務所 .All Rights Reserved.