東九州自動車道開通1年後のストック効果

Facebookでシェア
twitterでシェア
LINEでシェア

平成29年5月23日

東九州自動車道開通1年後のストック効果※

 東九州道沿線に企業が続々進出、地域経済が活性化!

  平成28年4月24日に東九州自動車道椎田南IC〜豊前ICが開通し、北九州市から宮崎市までの高速道路が南北に1本で繋がりました。開通からおよそ1年が経ち、企業立地や物流、観光など、沿線にて発現し始めている開通効果をお知らせします。
 ※ストック効果:整備された社会資本が機能することによって継続的に中⻑期的に得られる効果

地域を⽀える企業が続々進出

  • 沿線市町では、7年間で約670企業が進出し、新たに約1.2万⼈の雇⽤を創出

東九州道の開通で物流輸送ルートに変化

  • 九州と四国を結ぶカーフェリー利⽤が約10%増加
  • 海上輸送と組み合せ、トラックドライバーの拘束時間が年間約27万時間削減

東九州道沿線の観光ポテンシャルが開花

  • 沿線の名勝観光施設の⼊込客数が約1.6倍に増加
  • 東九州道を活⽤した、外国⼈向けツアー数が約6倍に増加

医者が⾝近になり通院負担が軽減
 

  • 医師の⽇帰り通勤圏が拡⼤し、医師派遣が可能に

 

 国⼟交通省九州地⽅整備局と⻄⽇本⾼速道路㈱では、今後も東九州⾃動⾞道の開通効果について、適宜報告していきます。
 

添付資料

記者発表資料【PDF】

お問い合わせ

 ■国⼟交通省管理区間に関すること
  国⼟交通省九州地⽅整備局 TEL:092-471-6331(代表)
  道路部 道路計画第⼆課⻑ 松元勝美(内線:4251)

 ■⻄⽇本⾼速道路㈱管理区間に関すること
  ⻄⽇本⾼速道路㈱九州⽀社 広報課 TEL:092-260-6100(直通)
  担当:松本、中村

カテゴリーメニュー

メインメニュー

ページのトップへ