平成29年度 「手づくり郷土賞」伝達式を行います!「球磨川のほとりに咲くツクシイバラ~100年後の人々に届けたい~」

  • トップページ
  • 記者発表
  • 平成29年
  • 平成29年度 「手づくり郷土賞」伝達式を行います!「球磨川のほとりに咲くツクシイバラ~100年後の人々に届けたい~」
Facebookでシェア
twitterでシェア
LINEでシェア

平成30年2月21日

■ 昨年12月に、地域づくりの優れた取組を表彰する「手づくり郷土賞」を受賞した5つの地域において、国土交通大臣認定証の伝達式を行います。(※1)
■ まずは、熊本県錦町役場において、九州地方整備局長からツクシイバラの会会長、錦町長に、認定証、盾及びベストプレゼン賞(※2)の表彰状を授与します。

※1 )他の地域での伝達式の日程は資料-1をご参照ください。(各伝達式開催前に記者発表を予定)
※2 )1 月28 日に、手づくり郷土賞に選定された全国19 団体が一堂に会し“手づくり郷土賞グランプリ2017”が行われ、参加者の投票により下記団体が“ベストプレゼン賞“を受賞しました。

日時

平成30年2月26日(月) 13時00分から(30分程度)

場所

錦町役場 3階 大会議室 ( 熊本県球磨郡錦町一武1587 )

概要

・九州地方整備局長から、ツクシイバラの会会長、錦町長へ認定証等を授与。
・活動内容のプレゼンテーション
・現地視察(伝達式終了後)

活動概要

 平成18年3月より「100年後の人々にこのヘリテージローズ自生地を引き継ぎたい」という想いから「ツクシイバラ」の保護活動を始め、5月中旬の開花時期に向けて清掃活動や除草作業を行うとともに、開花中は、コンサートやスケッチ大会、他団体と連携したスポーツイベントなどを開催し、1,700人を超える来訪者に向けて保護活動の啓発を地道に行っています。
 このような活動の結果、自生地の町花がツクシイバラに変更され、近くの駅の副名が「ツクシイバラの里」と命名されるなど自然環境をPRした町づくりにも繋がりを見せています。

ツクシイバラ公式発見記念100周年コンサート ツクシイバラスケッチ大会

添付資料

記者発表資料【PDF】

お問い合わせ

九州地方整備局 企画部 企画課長補佐 渡辺 祐二 (内線:3155)
TEL:092-471-6331(代表) 092-476-3542(直通)

 

カテゴリーメニュー

メインメニュー

ページのトップへ