平成29年度 「手づくり郷土賞」伝達式を行います「海と街とのやさしい出合い〜やすらぎの空間を求めて〜”かんたん”みなとまちづくり」

  • トップページ
  • 記者発表
  • 平成29年
  • 平成29年度 「手づくり郷土賞」伝達式を行います「海と街とのやさしい出合い〜やすらぎの空間を求めて〜”かんたん”みなとまちづくり」
Facebookでシェア
twitterでシェア
LINEでシェア

平成30年3月13日

■ 3月16日(金)に、大分県庁において、地域づくりの優れた取組を表彰する「手づくり郷土賞」の国土交通大臣認定証伝達式を行います。
■ 九州地方整備局長から特定非営利活動法人大分ウォーターフロント研究会会長、大分県知事に、認定証、盾を授与します。また、伝達式に先立ち現地視察を行います。

日時

平成30年3月16日(金)

◇現地視察 13時30分~ (資料―2参照)
<集合場所>
Bits HALL屋上(旧県営1号上屋)[大分市生石5丁目783]
• 現地視察で撮影を希望される場合は、資料-1に必要事項を記載の上、3月15日(木)15:00までにFAX送付をお願いします。
※伝達式のみの参加の場合は不要です。
※取材対応については伝達式(大分県庁)終了後にお願いいたします。

◇伝達式 14時30分~(30分程度) (資料―3参照)
<場所>
大分県庁本館 4階 第一応接室 [大分市大手町3丁目1−1]
<概要>
・九州地方整備局長から、大分ウォーターフロント研究会会長、大分県知事へ認定証等を授与。
・活動内容のプレゼンテーション

活動概要

 当団体は、不法投棄で荒廃したみなとを地域住民が憩える場として再生させるため、行政による海辺の公園整備や上屋活用等に関する様々なアイデアを提案し、平成23年にはみなと一体がウッドデッキと芝生の公園に生まれ変わり、市民の日常的な憩いの場へと変貌を遂げています。
 その後も、“みなと”、“食”、“植栽”など地域と一体となった手づくりイベントや美観活動などを展開し、前回受賞時に7店舗しかなかった商業施設が29店舗に増加するなど、魅力ある水辺空間として定着するとともに、広がりを見せています。

 

「観光丸」歓迎セレモニー サイクリングイベント

添付資料

記者発表資料【PDF】

お問い合わせ

九州地方整備局 企画部 企画課長補佐 渡辺 祐二 (内線:3155)
TEL:092-471-6331(代表) 092-476-3542(直通)

 

カテゴリーメニュー

メインメニュー

ページのトップへ