平成30年度 都市景観大賞 『優秀賞』受賞「民・学・官が一体となった歴史ある住宅地「深堀(ふかほり)地区」の景観まちづくり」

  • トップページ
  • 記者発表
  • 平成30年
  • 平成30年度 都市景観大賞 『優秀賞』受賞「民・学・官が一体となった歴史ある住宅地「深堀(ふかほり)地区」の景観まちづくり」
Facebookでシェア
twitterでシェア
LINEでシェア

平成30年5月21日

 今般、全国各地からの応募の中から、都市景観大賞が選定され、九州から「民・学・官が一体となった歴史ある住宅地「深堀(ふかほり)地区」の景観まちづくり」が、『優秀賞』を受賞することとなりましたので、お知らせします。

景観まちづくり活動・教育部門

活動名

 民・学・官が一体となった歴史ある住宅地「深堀(ふかほり)地区」の景観まちづくり

活動範囲

 長崎県長崎市

応募者

 深堀地区まちづくり推進協議会
 長崎大学工学部安武研究室
 長崎大学環境科学部渡辺研究室
 九州大学持続可能な社会のための決断科学センター
 長崎市

都市景観大賞

 都市景観大賞(主催:「都市景観の日」実行委員会)は、良好な景観の形成に資する普及啓発活動の一環として、平成3年度より毎年度実施されている表彰制度です。
 景観に関する優れた地区・活動に対し「大賞」、「優秀賞」等を授与し、更なる取組の契機としていただくとともに、良好な景観の形成が推進されることを目的に、全国に広く紹介しています。平成30年度は2つの部門(【都市空間部門】、【景観まちづくり活動・教育部門】)を実施しました。

添付資料

記者発表資料【PDF】

お問い合わせ

建政部 都市調整官  佐藤(内線6113)
建政部 計画管理課長 紙谷(内線6121)
TEL:092-471-6331(代表)

カテゴリーメニュー

メインメニュー

ページのトップへ