「みなとオアシス北浦臨海パーク」が新たに登録されます~日豊海岸国定公園内の自然・食・マリンレジャーを満喫!!~

  • トップページ
  • 記者発表
  • 平成30年
  • 「みなとオアシス北浦臨海パーク」が新たに登録されます~日豊海岸国定公園内の自然・食・マリンレジャーを満喫!!~
Facebookでシェア
twitterでシェア
LINEでシェア

平成30年8月14日

 平成30年8月16日に「みなとオアシス北浦臨海パーク」(宮崎県延岡市)が121箇所目のみなとオアシスに登録されます。発展を続ける「古江港」において、地域住民の交流促進や地域の魅力の向上につながる取り組みを行います。

概要
 

 国土交通省港湾局では、地域住民の交流や観光の振興を通じた地域活性化に資する「みなと」を核としたまちづくりを促進するため、住民参加による地域振興の取組みが継続的に行われる施設を「みなとオアシス」として登録してきており、平成15年からこれまでに全国で120の施設が登録され、地域の活性化に寄与しています。
 この度「みなとオアシス北浦臨海パーク」(宮崎県延岡市)を国土交通省港湾局長が登録し、121箇所目となるみなとオアシスとして活動を開始することとなりました。なお、みなとオアシスの登録は、5 月の「みなとオアシス油津」に続いて、宮崎県では3箇所目となります。
 「みなとオアシス北浦臨海パーク」の代表施設である「観光案内所」は、北浦地区のみならず延岡市全体の観光案内を取扱うほか、クルージング受付や土産品販売も行っており、延岡市観光の北側の拠点としての役割を担っています。
 構成施設である「きたうらら海市場」や「牡蠣家」では、その時期によって旬の魚介料理を堪能できるイベントを行っているとともに新鮮な農林水産品の販売も行っています。また、「古江港古江地区岸壁」では北浦地区のメインイベントである、きたうら納涼花火大会のメイン会場としてにぎわいの場となっています。
 これらがみなとオアシスとして一体的な活動を行うことにより、より効果的な地域振興に寄与することが期待されます。

※ みなとオアシス: 旅客船ターミナル、文化交流施設、みなとの資料館、情報提供施設、地元産品の物販施設や飲食施設などで構成されています。「みなとオアシス北浦臨海パーク」の詳細については、別紙-1【PDF】別紙-2【PDF】別紙-3【PDF】別紙-4【PDF】をご参照願います。

添付資料

記者発表資料【PDF】

お問い合わせ

港湾空港部 クルーズ振興・港湾物流企画室 室長   河野 正文
                     課長補佐 西坂 博文
TEL:092-418-3340(代表)092-418-3379(直通)
FAX:092-418-3037

カテゴリーメニュー

メインメニュー

ページのトップへ