BIMがもたらす建築⽣産プロセスの未来を語る-BIMを導⼊して設計・施⼯した新⻑崎県庁にて記念フォーラムを開催します-

  • トップページ
  • 記者発表
  • 平成30年
  • BIMがもたらす建築⽣産プロセスの未来を語る-BIMを導⼊して設計・施⼯した新⻑崎県庁にて記念フォーラムを開催します-
Facebookでシェア
twitterでシェア
LINEでシェア

平成30年10月9日

 建築⽣産プロセスを向上するツールとして、3次元で建物情報モデルを構築するBIMが、いま⼤きく注⽬されています。
 11⽉5⽇(⽉)にBIMを導⼊して設計・施⼯した新⻑崎県庁にて、公共建築の⽇・公共建築⽉間イベントの記念フォーラムを開催します。
 このフォーラムでは、新⻑崎県庁のBIM導⼊例を説明するとともに、BIMを⽤いて協同作業するためのチームづくりや教育、ワークフローの⾒直しなどについて紹介し、未来の建築⽣産プロセスをパネルディスカッションで語り合います。

記念フォーラム「BIMがもたらす建築⽣産のイノベーション」

⽇時

 平成30年11⽉5⽇(⽉)13:00〜16:00(⾒学会16:00-17:00)

場所

 ⻑崎県庁1階⼤会議室

定員

 150名(先着。参加費無料)

お申し込み

 インターネットにて受け付けております。
 申し込み先: https://goo.gl/p8tuj4

プログラム

 1.⻑崎県庁とBIM
 2.BIM活⽤による営繕⼯事の更なる⽣産性向上に向けて
 3.パネルディスカッション BIMがもたらす建築⽣産プロセスの未来
 詳しくは、別紙1【PDF】をご覧ください

※BIM(Building Information Modeling):3次元の形状情報に加え、室等の名称・⾯積、材料・部材の仕様・性能、仕上げ等、建築物の属性情報を併せ持つ建物情報モデルを構築することをいいます。
※公共建築の⽇・公共建築⽉間・・・公共建築が果たす役割を広く知っていただくため、また、より良い公共建築を⽬指すため、11⽉11⽇を「公共建築の⽇」、11⽉を「公共建築⽉間」と定め、関係機関が各種イベントを実施しています。

取材を希望される報道関係者は、別紙2「取材申込書」【PDF】を11⽉2⽇(⾦)15時までに、⻑崎県 ⾼⼝(095-827-3367)あてにFAXにて提出願います。

添付資料

記者発表資料【PDF】

お問い合わせ

九州地⽅整備局 営繕部 計画課 ⼤槻
TEL:092-471-6331(内線5151)FAX:092-476-3484
⻑崎県 ⼟⽊部 営繕課 ⾼⼝(こうぐち)
TEL:095-824-1111(内線3096)FAX:095-827-3367
 

カテゴリーメニュー

メインメニュー

ページのトップへ