「建設工事における労働災害防止に関する説明会」を開催します

Facebookでシェア
twitterでシェア
LINEでシェア

平成30年10月19日

 建設業の健全な発達を促進するうえで、建設現場で働く労働者が安心して従事できる環境を整えることは重要な課題です。
 九州地方整備局では、福岡労働局及び全国仮設安全事業協同組合の協力のもと、建設工事における労働災害防止に向けて、下記のとおり説明会を開催します。

【建設業における労働災害(死亡者)の状況】
 労働災害の発生状況は、長期的には減少傾向にあります。平成28年(294人)と平成29年(323人)を比較すると、29人増加しています。
 また、平成30年の労働災害の発生状況(1月~8月末までの速報値)は、173人と前年同期の186人と比較すると13人減少(△7.0%)となっていますが、引き続き高い水準となっています。

日時

 平成30年11月12日(月)13:00~16:00

場所

 福岡人材開発センター5階特別教室A・B(福岡市東区千早5丁目3-1)

講義

(1)建設工事における労働災害の防止等について
(2)足場等に係る安全対策について(機材展示・実演あり)
(3)工事事故の現状と安全対策について

申込方法

 別紙(説明会参加申込書)【PDF】にてお申し込みください。

申込締切日

 平成30年11月2日(金)
(会場の都合により定員(80名)になり次第、締め切らせて頂きます。)

その他

 ・本説明会は、(一社)全国土木施工管理技士会連合会が運営するCPDS(継続学習制度)対象です。説明会終了後に受講証明書を発行致します。
 ・取材可能。取材を希望される方は事前にお申し込みください。

添付資料

記者発表資料【PDF】

お問い合わせ

九州地方整備局
TEL:092-471-6331(代表)092-409-4201(直通)
◎開催に関する問い合わせ先
建政部 建設産業課長 廣瀬 祐一郎(内線6141)
◎申込みに関する問い合わせ先
建政部 建設産業課長補佐 竹下 憲一郎(内線6144)

カテゴリーメニュー

メインメニュー

ページのトップへ