新たな材料を活用した床版技術を募集し現場での試行可能性について検討します~i-Constructionを推進するため、設計段階におけるマッチングを実施~

  • トップページ
  • 記者発表
  • 平成30年
  • 新たな材料を活用した床版技術を募集し現場での試行可能性について検討します~i-Constructionを推進するため、設計段階におけるマッチングを実施~
Facebookでシェア
twitterでシェア
LINEでシェア

平成30年11月6日

◆国土交通省では、建設現場の生産性向上に向けて、開発段階にあり、実用化されていない新技術の現場導入を推進するため、現場のニーズと開発者等の技術シーズのマッチングによる現場試行に取り組んでいるところです。
◆橋梁の床版取替え工事においては、施工の迅速化やライフサイクルコストの最小化を目的とした床版工法の開発が望まれています。
◆今回、新たな材料を活用した床版技術を募集し、既存技術との比較検討を行い、現場での試行可能性について検討します。
※別途発注する詳細設計業務において比較検討を行います。

公募期間

 平成30年11月6日(火)から平成30年11月19日(月)

公募要領等

 別添1(公募要領)及び別添2(応募様式)のとおり
 ⇒ 申し込み様式はこちら

添付資料

記者発表資料【PDF】

お問い合わせ

企画部 技術管理課長 徳田 浩一郎(内線3311)
      課長補佐 小田 禎彦(内線3312)
TEL:092-471-6331(代表)092-476-3546(直通)

カテゴリーメニュー

メインメニュー

ページのトップへ