「第12回国⼟交通省バリアフリー化推進功労者⼤⾂表彰」受賞者決定〜バリアフリー化に関する優れた取組みの普及に向けて〜

  • トップページ
  • 記者発表
  • 平成30年
  • 「第12回国⼟交通省バリアフリー化推進功労者⼤⾂表彰」受賞者決定〜バリアフリー化に関する優れた取組みの普及に向けて〜
Facebookでシェア
twitterでシェア
LINEでシェア

平成31年1月23日

 「第12回国⼟交通省バリアフリー化推進功労者⼤⾂表彰」において、「宮崎空港ビル(株)」(宮崎市)・「三菱重⼯交通機器エンジニアリング(株)」(広島県三原市)が共同受賞することとなりましたのでお知らせします。九州関連では昨年度(第11回)に続き2年連続の受賞となります。

「国土交通省バリアフリー化推進功労者大臣表彰」について

 国⼟交通省では、平成18年12⽉に施⾏された「バリアフリー法」(⾼齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律)の趣旨を踏まえ、公共交通機関、建築物、道路などのバリアフリー化を進めるとともに、国⺠の意識啓発に努めております。
 そこで、国⼟交通分野においてバリアフリー化の推進に多⼤な貢献が認められた個⼈⼜は団体を表彰し、その優れた取組みについて広く普及・奨励することを⽬的として、平成19年度に、「国⼟交通省バリアフリー化推進功労者⼤⾂表彰制度」が創設されました。

「宮崎空港ビル(株)」・「三菱重工交通機器エンジニアリング(株)」の取組みについて

 両社は、共同で⼩型航空機対応旅客搭乗橋「ひなたらくちんブリッジ」の開発と⽇本初の導⼊を⾏うことにより、宮崎空港のバリアフリー化の推進及び利便性向上を実現しました。
 これまで100⼈乗り未満の⼩型機では、旅客は⼀旦地上に降りて移動していましたが、研究開発の結果、新型搭乗橋ではこれらの不便が解消され、利⽤者の快適な移動が可能となりました。
 更に、他の地⽅空港の模範となる取組みが⾼く評価されて、この度、国⼟交通⼤⾂表彰を受けることとなったものです。

表彰等の日程

記念講演会

⽇時:平成31年1⽉25⽇(⾦)14:00〜
場所:国⼟交通省1階共⽤会議室A(⼤ホール)
   東京都千代⽥区霞が関2-1-3 中央合同庁舎3号館

表彰状授与式

⽇時:平成31年1⽉25⽇(⾦)15:30〜
※詳細については、別紙【PDF】及び国⼟交通省ホームページをご覧下さい。
http://www.mlit.go.jp/report/press/index.html

添付資料

記者発表資料【PDF】

お問い合わせ

九州地方整備局 企画部 企画課 渡辺(わたなべ)
TEL:092-476-3542
九州運輸局 交通政策部 消費者行政・情報課 住 田(すみた)、古 賀(こが)
TEL:092-472-2333 FAX:092-472-2316

カテゴリーメニュー

メインメニュー

ページのトップへ