TEC-FORCEがブロック塀等の調査のため被災地に向け出発します【H30.6.18大阪府北部を震源とする地震に関する九州地方整備局の取り組み】

  • トップページ
  • 記者発表
  • 平成30年
  • TEC-FORCEがブロック塀等の調査のため被災地に向け出発します【H30.6.18大阪府北部を震源とする地震に関する九州地方整備局の取り組み】
Facebookでシェア
twitterでシェア
LINEでシェア

平成30年6月25日
17時00分現在

○ 平成30年6月18日大阪府北部を震源とする地震への対応として、ブロック塀等の応急危険度判定を行うため、九州地方整備局より大阪府高槻市にTEC-FORCEを派遣致します。

1.内 容:TEC-FORCE 出発式 
2.日 時:平成30年6月26日 10:00から
3.場 所:九州地方整備局 1Fロビー
4.参加者:九州地方整備局長 増田 博行 他      
                 TEC-FORCE(応急危険度判定士)

 ※TEC-FORCE(緊急災害対策派遣隊)とは
 大規模自然災害が発生した場合に、被災状況の迅速な把握や被災地の早期復旧など、技術的な支援を実施します。

※応急危険度判定とは
 大地震により被災した建築物を調査し、その後に発生する余震などによる倒壊の危険性や外壁・窓ガラスの落下、付属設備の転倒などの危険性を判定するもの。

添付資料

記者発表資料【PDF】  

 

問い合わせ先

九州地方整備局 応援対策本部 
企画部企画課 課長 坂井 建太 電話:092-414-7301(本部直通)
営繕部計画課 課長 大槻   泰士 電話:092-476-3535(計画課直通)

 

カテゴリーメニュー

メインメニュー

ページのトップへ