広島県・岡山県へ防災ヘリコプター「はるかぜ」を派遣しました~大雨に関する九州地方整備局の取り組み(第6報)~

  • トップページ
  • 記者発表
  • 平成30年
  • 広島県・岡山県へ防災ヘリコプター「はるかぜ」を派遣しました~大雨に関する九州地方整備局の取り組み(第6報)~
Facebookでシェア
twitterでシェア
LINEでシェア

○梅雨前線の活発な活動による豪雨災害に対し、九州地方整備局の防災ヘリコプター「はるかぜ」を調査支援のために広島県・岡山県へ派遣しました。

○九州管内の被災箇所に照明車6台を派遣継続中で、引き続き応急復旧工事を行っています。

○九州管内で浸水や土砂災害などが発生していますので、引き続き、今後の情報に注意して下さい。

 

<現在の九州地方整備局の対応状況>           ※下線は、第5報からの変更点

1.防災ヘリコプター「はるかぜ」の派遣状況

  ・7/8 12:55 福岡空港離陸

 

  ・7/8 14:20 広島ヘリポート着陸

 

2.国管理道路の情報

  ・国道201号 福岡県飯塚市仁保(筑豊緑地前交差点付近)

   法面崩壊による全面通行止め → 応急復旧工事中 

  ・厳木多久有料道路(牧瀬IC~多久原IC)

   厳木バイパス(牧瀬ICオンランプ部)法面崩壊による全面通行止め → 応急復旧工事中

  ・国道202号佐賀県唐津市北波多行合野 

   松浦川水系徳須恵川の緊急復旧工事のため全面通行止め → 応急復旧工事中 

   ・国道202号 佐賀県唐津市浜玉町渕上

     法面崩壊による国道への土砂流出による全面通行止め → 応急復旧工事中

  ・国道497号 唐津伊万里道路(南羽多谷口IC~伊万里東府招IC)

   法面崩壊による全面通行止め → 応急復旧工事完了により規制解除

     ・国道224号鹿児島県鹿児島市古里町

       土砂流出による全面通行止め

 

3.国管理河川の情報

     ・松浦川水系徳須恵川左岸6/830~6/940

        河岸決壊に伴う護岸の崩壊 → 応急復旧工事中

 

4.体制

  九州地方整備局災害対策本部は、非常体制 を発令

 ○本部体制履歴

  ・7/5  12:08 注意体制(風水害)発令

  ・7/6  6:40 警戒体制(風水害)移行

  ・7/6  6:50 非常体制(風水害)移行

 

5.リエゾン

派遣先

派遣人数

活動開始日時

備考

福岡県

北九州市

福岡北九州高速道路公社

2人

2人

2人

7/6 10:30~

7/6 13:00~

7/8 14:30~

 

 

 

6.災害対策機械等派遣状況

○照明車

派遣先

派遣台数

派遣日時

派遣元

松浦川水系徳須恵川

厳木バイパス(牧瀬ICオンランプ部)

国道201号筑豊緑地前交差点

国道202号佐賀県唐津市浜玉町

国道224号鹿児島県鹿児島市古里町

 

1台

1台

2台

1台

1台

7/6 20:15~

7/6 20:30~

7/6 18:10~

7/7 21:30~

7/7 19:15~

川内川河川事務所

川内川河川事務所

九州技術事務所

九州技術事務所

大隅河川国道事務所

 

《リエゾン(災害対策現地情報連絡員)とは》

 地震・水害・土砂災害等の大規模自然災害の発生時に、地方公共団体が設置した災害対策本部へ職員を派遣し、災害情報等の情報収集、災害応急対策の支援を行うもの。

 

添付資料

 記者発表資料【PDF】

 

問い合わせ先

九州地方整備局 災害対策本部 

 企画部 広域計画課長補佐 坂本 淳一 電話:092-414-7301(本部直通

 

 

 

 

カテゴリーメニュー

メインメニュー

ページのトップへ