平成30年7月豪雨における出水について(第1報)【遠賀川水系、筑後川水系、松浦川水系、六角川水系、嘉瀬川水系、山国川水系、菊池川水系、球磨川水系】

  • トップページ
  • 記者発表
  • 平成30年
  • 平成30年7月豪雨における出水について(第1報)【遠賀川水系、筑後川水系、松浦川水系、六角川水系、嘉瀬川水系、山国川水系、菊池川水系、球磨川水系】
Facebookでシェア
twitterでシェア
LINEでシェア

平成30年7月9日
16時00分

○九州内20の一級水系のうち、8水系で氾濫危険水位を超過し、遠賀川、筑後川両水系では9つの水位観測所で観測史上最高水位を観測しました。
○河岸決壊に伴う護岸の崩落が生じた松浦川水系徳須恵川について、7月6日より緊急復旧工事に着手しました。

 

 平成30年7月豪雨における出水により、氾濫危険水位を超過した遠賀川水系、筑後川水系、松浦川水系、六角川水系、嘉瀬川水系、山国川水系、菊池川水系、球磨川水系の雨量や水位の情報、被害の状況等についてとりまとめました。
 今回の出水では、九州内20の一級水系のうち、8水系で氾濫危険水位を超過し、遠賀川、筑後川両水系では9つの水位観測所で観測史上最高水位を観測しました。 
 また、河岸決壊に伴う護岸の崩落が生じた松浦川水系徳須恵川について、7月6日より緊急復旧工事に着手しました。
 今回の豪雨被害からの早期復旧に向け、引き続き全力で取り組んで参ります。

※本資料の数値は、速報値及び暫定値であるため、今後の調査で変わる可能性があります。

 

1.出水状況

 遠賀(おんが)川、筑後(ちくご)川、松浦(まつうら)川、六角(ろっかく)川、嘉瀬(かせ)川、山国(やまくに)川、菊池(きくち)川、球磨(くま)川の8水系で、氾濫危険水位を超過。うち、遠賀川水系、筑後川水系では、9観測所において観測史上最高水位を観測

○氾濫危険水位超過 20河川26地点

  • 遠賀川水系  :遠賀川(川島(かわしま)日の出橋(ひのでばし)中間(なかま))、中元寺(ちゅうがんじ)川((春日橋(かすがばし)))、穂波(ほなみ)川(秋松橋(あきまつばし)、笹尾(ささお)川(野面(のぶ))、八木山(やきやま)川(生見(ぬくみ))、金辺(きべ)川(夏吉(なつよし))
  • 筑後川水系  :筑後川(片ノ瀬(かたのせ)、荒瀬(あらせ)、小渕(こぶち)、杖立(つえたて)、宝満(ほうまん)川(端間(はたま))、巨瀬(こせ)川(中央橋(ちゅうおうばし))、小石原(こいしわら)川(栄田橋(さかえだばし)
  • 松浦川水系  :厳木(きゅうらぎ)川(中島橋(なかしまばし))、徳須恵(とくすえ)川(徳須恵橋(とくすえばし))
  • 六角川水系  :六角川(潮見橋(しおみばし))、牛津(うしづ)川(妙見橋(みょうけんばし)
  • 嘉瀬川水系  :嘉瀬川(川上(かわかみ))
  • 山国川水系  :山国川(柿坂(かきさか))
  • 菊池川水系  :菊池川(玉名(たまな))、繁根木(はねぎ)川(岩崎(いわさき)、岩野(いわの)川(城(じょう))
  • 球磨川水系  :球磨川(人吉(ひとよし)、渡(わたり))
        の地点は、観測史上最高水位を観測。

 

2.ホットラインの実施

1.の8水系に関して129回のホットラインを実施。

遠賀川水系39回、筑後川水系24回、矢部川水系4回、松浦川水系14回、六角川水系25回、嘉瀬川水系11回※、菊池川水系9回、球磨川水系3回
※佐賀導水に係るホットライン6回を含む

【ホットライン】河川事務所長から市町村長に対して河川の情報を直接提供する仕組み

 

3.緊急速報メールを活用した洪水情報のプッシュ型配信

7水系で計13回の洪水情報のプッシュ型配信を実施。

遠賀川水系  :遠賀川(日の出橋、川島、中間)
筑後川水系  :筑後川(片ノ瀬、荒瀬)
六角川水系  :六角川(潮見橋)、牛津川(妙見橋)
松浦川水系  :厳木川(中島橋)、徳須恵川(徳須恵橋)
山国川水系  :山国川(柿坂)
菊池川水系  :菊池川(玉名)
球磨川水系  :球磨川(人吉、渡)

【洪水情報】指定河川洪水予報の氾濫危険情報(レベル4)及び氾濫発生情報(レベル5)の発表を契機として、住民の主体的な避難を促進するために配信する情報
【プッシュ型配信】受信者側が要求しなくても発信者側から情報が配信される仕組み

 

4.主な施設被害

<国管理区間>
○松浦川水系徳須恵川 河岸決壊に伴う護岸の崩落
(位置6/830~6k940左岸、延長約110m)
→緊急復旧工事中

 <県管理区間>
○筑後川水系大刀洗川(福岡県管理区間) 堤防決壊
(位置9k/200付近左岸、延長22m)
→緊急復旧工事中

5.主な一般被害

筑後川水系の久留米市、遠賀川水系の飯塚市等において、支川氾濫等の内水により浸水被害が発生(解消済み)。

○筑後川水系 久留米市 1,575棟(床上202、床下1,373)
○遠賀川水系 飯塚市         424棟(床上242、床下182)
       小竹町           55棟(床上13、床下42)
       直方市           64棟(床上23、床下41)
*出典 福岡県公表資料「7月5日からの大雨に関する情報(第16報)」
 

添付資料

 記者発表資料【PDF】

 

問い合わせ先

国土交通省 九州地方整備局 河川部
河川計画課長 小林 侑 (こばやし ゆう)
電話:092-471-6331(代表)

 

カテゴリーメニュー

メインメニュー

ページのトップへ