九州地方整備局管内で「釣り文化振興促進モデル港」を4港指定~下関港・北九州港・芦屋港・別府港へ指定証の交付式を開催します~

  • トップページ
  • 記者発表
  • 平成31年
  • 九州地方整備局管内で「釣り文化振興促進モデル港」を4港指定~下関港・北九州港・芦屋港・別府港へ指定証の交付式を開催します~
Facebookでシェア
twitterでシェア
LINEでシェア

平成31年4月10日

 国土交通省港湾局は、観光資源としての港湾における釣り施設や既存の防波堤等の利活用を進めており、平成31年2月から3月にかけて地方創生を目的とした釣り文化振興の取組が進められている港湾を「モデル港」として募集し、13港を釣り文化振興促進モデル港として指定致しました。
 九州地方整備局管内では、下関港・北九州港・芦屋港・別府港の4港が指定され、指定証の交付式を開催することとしましたので、お知らせします。

日時

 平成31年4月17日(水) 13時~

場所

 福岡県福岡市博多区博多駅東2-10-7 第二合同庁舎
 九州地方整備局港湾空港部 3 階会議室

指定港(応募協議会等)

 山口県 下関港(下関港湾協会)
 福岡県 北九州港(北九州釣りいこか倶楽部)
 福岡県 芦屋港(芦屋港海釣施設運営協議会)
 大分県 別府港(別府国際観光港みなとまちづくり協議会)

取材について

 取材をご希望の方は、4月16日(火)15時までに、別紙-3の 取材登録書 によりFAXで登録をお願いします。取材時には腕章又は身分証明書をつけていただくようお願いします。
 なお、事前に取材登録がなされていない場合でも、当日は会場にて受付を行っていますので、直接、会場までお越しいただき、現地担当者の指示に従ってください。

添付資料

記者発表資料【PDF】

お問い合わせ

港湾空港部 海洋環境・技術課 課長   本田 一行
               課長補佐 中島 大
TEL:092-418-3380(海洋環境・技術課 直通)

カテゴリーメニュー

メインメニュー

ページのトップへ