俵山トンネルルート(県道熊本高森線)国の代行事業により全線の本復旧が2019年秋頃に完了~残る2橋の復旧工事を進め、全線本復旧を目指します~

  • トップページ
  • 記者発表
  • 平成31年
  • 俵山トンネルルート(県道熊本高森線)国の代行事業により全線の本復旧が2019年秋頃に完了~残る2橋の復旧工事を進め、全線本復旧を目指します~
Facebookでシェア
twitterでシェア
LINEでシェア

平成31年4月12日

○ 俵山トンネルルート(県道熊本高森線:熊本県阿蘇郡西原村小森~南阿蘇村河陰)は、大規模災害復興法に基づく代行事業として国土交通省が災害復旧を進めています。
○ これまでも、平成28年12月にトンネルと旧道を活用し、全線の通行を再開、平成29年12月には鳥子地区、平成30年7月には桑鶴大橋などの復旧を確実に行って参りました。
○ 現在、残る2つの橋梁(大切畑大橋、俵山大橋)の復旧工事を進めていますが、最終段階に入り、工程を精査したところ、2019年秋頃に完了する目処が立ちましたのでお知らせします。
○ これにより、俵山トンネルルート本復旧が全て完了することとなります。一日も早い復旧に向け、全力で取り組んで参ります。

添付資料

記者発表資料【PDF】

お問い合わせ

道路部 道路計画第二課長 石橋 賢一
TEL:092-476-3530(直通)

カテゴリーメニュー

メインメニュー

ページのトップへ