令和元年6月末からの梅雨前線における出水について(第1報)【大淀川水系、肝属川水系】

Facebookでシェア
twitterでシェア
LINEでシェア

令和元年7月10日

○九州内20の一級水系のうち、2水系で氾濫危険水位を超過しました。

概要

 令和元年6月末からの梅雨前線における出水により、氾濫危険水位を超過した大淀川水系、肝属川水系の雨量や水位の情報、被害の状況等についてとりまとめました。
 今回の出水では、九州内20の一級水系のうち、2水系で氾濫危険水位を超過しました。
 全国で初となる、福岡管区気象台との合同記者会見を実施し、出水への警戒を迅速かつ広範囲に呼びかけました。
 引き続き、今回の出水及び今後の出水に対して、全力で取り組んで参ります。

添付資料

記者発表資料【PDF】

お問い合わせ

河川部 河川計画課長 小林 侑 (内線:3611)
     建設専門官 高島 恒善(内線:3616)
電話:092-471-6331(代表)
 

※本資料の数値は、速報値及び暫定値であるため、今後の調査で変わる可能性があります