筑後川水系内の水源を統合して使用します~筑後川水系渇水調整連絡会の合意事項について~

Facebookでシェア
twitterでシェア
LINEでシェア

令和元年7月12日

 江川ダム及び寺内ダムの貯⽔率が、7⽉10⽇時点で13.0%(平年⽐14.3%)となっており、このまま少⾬傾向が継続すると佐賀東部⽔道企業団の取⽔に⽀障が⽣じる可能性があるため、筑後川⽔系渇⽔調整連絡会は、両ダムと筑後⼤堰の⽔源を合わせて運⽤することができるよう統合して使⽤することについて、合意しました。

第2次渇水調整事項(筑後川水系渇水調整連絡会の合意事項)

1.佐賀東部水道企業団は、江川・寺内ダムの貯留水と筑後大堰の貯留水を統合し使用する。

 筑後川⽔系流域では昨年10⽉から⼩⾬傾向が続いており、本年5⽉は筑後川の「瀬ノ下地点」上流域平均⾬量が過去最少の51.5 ㎜(平年⽐25%)を記録し、また、梅⾬⼊りが過去最も遅かった1967年の6⽉22⽇を更新し、6⽉26⽇に梅⾬⼊りが発表されるなど、厳しい⽔状況にあったことから、福岡県及び佐賀県からの開催要請を受け、6⽉26⽇に筑後川⽔系渇⽔調整連絡会を開催し、総合的な⽔運⽤のための渇⽔調整(第1次)を⾏ったところです。しかしながら、その後も少⾬傾向が継続していることから、筑後川⽔系のダムの貯⽔率は低下し続けているため、佐賀県からの要請を受け、7⽉12⽇に同連絡会は、更なる渇⽔調整(第2次)を⾏いました。

【参考】前回(令和元年6 ⽉26 ⽇)の第1次渇⽔調整事項

1. 福岡県及び佐賀県は、各⽔道事業者や農業⽤⽔の⽔利使⽤者等とともに、節⽔啓発活動等を⾏う。
2. 福岡地区⽔道企業団、福岡県南広域⽔道企業団及び佐賀東部⽔道企業団は、江川・寺内ダムの貯⽔量のうち約80万㎥を両筑平野⽤⽔の農業⽤⽔へ融通する。
3. 福岡地区⽔道企業団及び福岡県南広域⽔道企業団は、江川・寺内ダムの貯留⽔と⼤⼭ダムの貯留⽔を統合し使⽤する。

添付資料

記者発表資料【PDF】

お問い合わせ

○筑後川⽔系渇⽔調整連絡会事務局
・九州地⽅整備局河川部  (092)471-6331(代表)
 ⽔ 政 課 (092)476-3522 ⽔政調整官  井上 和博(内線3515)、建設専⾨官 渡辺 繁城(内線3556)
 河川環境課 (092)476-3525 河川環境課⻑ ⻑岡 ⼀成(内線3651)、課⻑補佐  薄⽥ 邦貴(内線3652)

カテゴリーメニュー

メインメニュー

ページのトップへ