「九州地方整備局所管事業における円滑な発注および施工体制の確保に向けた具体的対策について」

Facebookでシェア
twitterでシェア
LINEでシェア

令和元年12月10日

 国土交通省九州地方整備局では、今後の円滑な事業執行に向けた取り組みとして以下の内容に関する通知を12月9日付けで各事務所に行いました。
 主な内容は、下記項目になります。

 ①土木工事における現行試行工事「企業実績評価型」の内容見直し、「機械チャレンジ型」、「電気通信チャレンジ型」及び「営繕チャレンジ型」の試行工事の新設
 ②適切な設計変更
 ③監理技術者の途中交代の緩和
 ④検査時の書類の簡素化拡充

 つきましては、事務局より下記の日程にて報道機関に対しての内容説明を実施しますので、お知らせいたします。

開催日時

 令和元年12月12日(木) 14時~(30分程度)

開催場所

 福岡市博多区博多駅東二丁目10番7号
 福岡第二合同庁舎 九州地方整備局 6階 記者室

添付資料

記者発表資料【PDF】

お問い合わせ

国土交通省 九州地方整備局 電話番号:092-471-6331(代表)
  企画部 技術開発調整官    宮成 秀一郎 (内線3120) ≪全体総括≫
  企画部 施工企画課長     松岡 雅博  (内線3451) ≪機械チャレンジ型について≫
  企画部 技術管理課長     徳田 浩一郎 (内線3311) ≪下記項目以外について≫
  企画部 情報通信技術課長   農上 賢治  (内線3351) ≪電気通信チャレンジ型について≫
  営繕部 営繕品質管理官    浅野 智   (内線5115) ≪営繕チャレンジ型について≫

カテゴリーメニュー

メインメニュー

ページのトップへ