令和元年度 河川防災ステーション整備計画の登録について~洪水時等の緊急対応を迅速に行うための拠点を市町村と連携して整備~

  • トップページ
  • 記者発表
  • 令和元年
  • 令和元年度 河川防災ステーション整備計画の登録について~洪水時等の緊急対応を迅速に行うための拠点を市町村と連携して整備~
Facebookでシェア
twitterでシェア
LINEでシェア

令和2年3月13日

 国土交通省は、令和2年3月13日付けで、新たに1箇所の河川防災ステーション整備計画を登録しました。
 九州では、新たに1件が登録されましたのでお知らせいたします。

○九州における《河川防災ステーション整備計画》新規登録箇所 以下1箇所
(新規登録箇所を含め、九州管内の河川防災ステーションは11箇所になります)
・福岡県築上郡上毛町 唐原地区河川防災ステーション(山国川)

○唐原地区河川防災ステーションの整備内容
【国土交通省】
・水防活動を行う上で必要な土砂などの緊急用資材を事前に備蓄し、資材の搬出入等の作業面積を確保するために「河川防災ステーション」の整備を行います。
【上毛町】
・洪水時には市町村が行う水防活動や災害が発生した場合に緊急復旧等を迅速に行う基地となる水防センターを整備します。

○「山国川下流地区かわまちづくり」と連携したサイクリングターミナルとしての活用や防災訓練、防災学習の場としての活用など、平常時の利活用を推進することで、地域の賑わいづくり及び防災に対する意識向上を図ります。

※今回、登録を行う計画の概要については、別紙のとおりです
添付資料
別紙1 令和元年度 河川防災ステーション整備計画登録箇所一覧
別紙2 「河川防災ステーション」位置図
別紙3 計画の概要
参考  河川防災ステーションの概要

添付資料

記者発表資料【PDF】

お問い合わせ

九州地方整備局 TEL092-471-6331(代表)
河川部 河川計画課長   小林 侑  (内線3611)  (直通092-476-3523)
    河川計画課長補佐 牟田 弘幸 (内線3612)      〃

カテゴリーメニュー

メインメニュー

ページのトップへ