九州地方整備局の非常体制発令とTEC-FORCE等の派遣について【梅雨前線に伴う九州地方整備局の取り組み(第4報)】

  • トップページ
  • 記者発表
  • 令和元年
  • 九州地方整備局の非常体制発令とTEC-FORCE等の派遣について【梅雨前線に伴う九州地方整備局の取り組み(第4報)】
Facebookでシェア
twitterでシェア
LINEでシェア

令和元年 7月 3日
11時00分現在
九州地方整備局

 

九州地方整備局管内において、記録的大雨が予想され、重大な被害の恐れがあるため、7月3日8時00分に九州地方整備局災害対策本部は、非常体制を発令しました。
また、甚大な被害が想定される熊本県、宮崎県、鹿児島県へ、災害発生時に迅速な対応が出来るよう、TEC-FORCEとリエゾンを派遣しました。
梅雨前線の活発な活動により、九州地方整備局管内で浸水や土砂災害などが発生していますので、引き続き、今後の情報に注意して下さい。

 

1.体制

九州地方整備局災害対策本部は、 非常体制 を発令
○本部体制履歴
・6/30 3:20 本部注意体制(風水害)に移行
・6/30 7:00 本部警戒体制(風水害)に移行
・6/30 9:00 支援警戒体制(リエゾン派遣)
・7/3 8:00 本部非常体制(風水害)に移行

2.災害対策機械等派遣状況(7/3 10:00現在)
 

派遣先 : 国道3号(383k030 鹿児島県伊敷町付近)
派遣台数 : ロボQS(簡易遠隔操縦装置)1台、照明車6台

3.国管理河川の情報(7/3 10:30現在)

【はん濫注意水位超過】
○7/3 10:30 大淀川水系大淀川(岳下水位観測所)

4.国管理道路の情報(7/3 10:45現在)
 

【通行止め】
○7/3 10:45~ 九州中央自動車道(小池高山IC~山都中島西IC)

5.TEC-FORCE、リエゾン(7/3 10:00現在)
 

【TEC-FORCE】
○熊本県内出張所(1出張所): 4名派遣 → 7/3 9:30活動開始
○宮崎県内出張所(3出張所):12名派遣 → 7/3 9:30活動開始
○鹿児島県出張所(5出張所):20名派遣 → 7/3 9:30活動開始
○鹿児島国道事務所 : 2名派遣 → 7/3 9:30活動開始
合計38名派遣中

【リエゾン】
○熊本県庁 :2名派遣 → 7/3 10:30活動開始
○鹿児島県庁:2名派遣 → 7/3 8:00活動開始
○NEXCO西日本:2名派遣 → 7/3 10:30活動開始
合計6名派遣中

6.参考

《ロボQS(簡易遠隔操縦装置)とは》
土石流災害や崩落事故などの復旧活動は、迅速な作業が必要であるにもかかわらず二次災害の恐れもあり、非常に効率の悪い危険な作業です。そこで、汎用建設機械に簡単に装着するだけで遠隔操縦機械とすることができる"ロボQS"で復旧作業の迅速化と安全作業を確保することができます。

《TEC-FORCE(緊急災害対策派遣隊)とは》
大規模自然災害が発生し、または発生するおそれがある場合において、被災地方公共団体等が行う被災状況の迅速な把握、被害の発生及び拡大の防止、被災地の早期復旧その他災害応急対策に関する技術的な支援を円滑かつ迅速に実施することを目的としたものです。

《リエゾン(災害対策現地情報連絡員)とは》
地震・水害・土砂災害等の大規模自然災害の発生時に、地方公共団体が設置した災害対策本部へ職員を派遣し、災害情報等の情報収集、災害応急対策の支援を行うもの。

 

添付資料

記者発表資料(PDF)

 

問い合わせ先

九州地方整備局 災害対策本部
企画部 企画課長 北村 明政 電話:092-414-7301(本部直通)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリーメニュー

メインメニュー

ページのトップへ