防災ヘリ「はるかぜ」にて行った被災状況の上空調査について会見します。【梅雨前線に伴う九州地方整備局の取り組み(第8報)】

  • トップページ
  • 記者発表
  • 令和元年
  • 防災ヘリ「はるかぜ」にて行った被災状況の上空調査について会見します。【梅雨前線に伴う九州地方整備局の取り組み(第8報)】
Facebookでシェア
twitterでシェア
LINEでシェア

令和元年 7月 4日
16時30分現在
九州地方整備局


防災ヘリ「はるかぜ」にて行った被災状況の上空調査について会見します。
【梅雨前線に伴う九州地方整備局の取り組み(第8報)

梅雨前線の活発な活動により、宮崎県・鹿児島県において災害が発生しています。

九州地方整備局は、防災ヘリ「はるかぜ」にて、鹿児島県の被災状況の上空調査を実施しました。
調査結果について、鹿児島国道事務所にて本日18:30より地頭薗 隆教授から記者会見を行います。

 

1.防災ヘリによる調査予定 
 

・防災ヘリ「はるかぜ」にて、鹿児島県の被災状況の上空調査を実施
<被災状況調査の行程>
  8:30   福岡空港離陸
  11:45  調査開始 鹿児島大学の地頭薗教授 搭乗
  本日18:30 鹿児島国道事務所にて調査結果を会見

<会見>
 日時 :令和元年7月4日 18:30
 場所1:鹿児島国道事務所(鹿児島市浜町2番5号) 2階会議室
 場所2:九州地方整備局 災害対策本部において中継を公開
 内容 :防災ヘリによる上空調査結果等
     TEC-DOCTOR…鹿児島大学 地頭薗 隆教授(専門:土砂災害等)

 

2.参考

《TEC-DOCTOR(緊急災害対策派遣ドクター)》
・九州地方整備局が所管する管内の河川・道路・砂防等の関係業務において、災害復旧等の技術的導・助言を行う外部専門家(学識経験者)。

 

添付資料
 

 記者発表資料【PDF】

 

 

問い合わせ先

九州地方整備局 災害対策本部 
企画部 企画課長補佐 末永 俊明 電話:092-414-7301(本部直通)

カテゴリーメニュー

メインメニュー

ページのトップへ