防災ヘリ「はるかぜ号」による上空調査を開始します【梅雨前線及び台風5号の大雨に伴う九州地方整備局の取り組み(第2報)】

  • トップページ
  • 記者発表
  • 令和元年
  • 防災ヘリ「はるかぜ号」による上空調査を開始します【梅雨前線及び台風5号の大雨に伴う九州地方整備局の取り組み(第2報)】
Facebookでシェア
twitterでシェア
LINEでシェア

令和元年7月22日
10時00分現在
九州地方整備局
 

梅雨前線及び台風5号の大雨により九州各地で災害が発生しています。
九州地方整備局の保有する防災ヘリコプター「はるかぜ号」により、被災状況の確認のため、長崎県五島地方において上空調査を実施します。

 

○防災ヘリによる調査予定
 ・防災ヘリ「はるかぜ号」にて、長崎県の被災状況の上空調査を実施
 <被災状況調査の行程>
  10:45 福岡空港離陸
  11:30 調査開始(五島地方)
  ※天候により、時間変更の可能性あり。

 

添付資料

 記者発表資料(PDF)

 

問い合わせ先

 九州地方整備局 災害対策本部 企画部 企画課長補佐 末永 俊明

   電話:092-414-7301(本部直通)
 

カテゴリーメニュー

メインメニュー

ページのトップへ