「九州地方整備局渇水対策本部」を解散しました ~筑後川水系の渇水調整を解除します~

Facebookでシェア
twitterでシェア
LINEでシェア

令和元年7月25日

国⼟交通省九州地⽅整備局は、令和元年6⽉26⽇に「九州地⽅整備局渇⽔対策本部」を設置し渇⽔対策を⾏っておりましたが、筑後川⽔系の渇⽔調整が解除されたため、7⽉25⽇午後0時に解散しました。

九州地⽅整備局渇⽔対策本部

 本部⻑ 九州地⽅整備局⻑ 村⼭ ⼀弥

 

解散⽇時について

 令和元年7⽉25⽇(⽊)午後0時

 

解散理由について

 令和元年度第4回筑後川⽔系渇⽔調整連絡会(⽂書協議)の合意事項として、令和元年7⽉25⽇午後0時をもって、筑後川⽔系における渇⽔調整が解除され、筑後川河川事務所渇⽔対策⽀部及び筑後川ダム統合管理事務所渇⽔対策⽀部が解散し、渇⽔調整を⾏っている⽔系が2⽔系から1⽔系となったため。

 

その他について

 九州地⽅整備局渇⽔対策本部は解散しますが、九州地⽅整備局管内においては嘉瀬川⽔系における嘉瀬川ダムの貯⽔率が44.1%、貯⽔量22,270 千㎥(7 ⽉24 ⽇午前0 時時点)であり、取⽔制限を継続していることから「武雄河川事務所渇⽔対策⽀部」(H31.3.12 設置)は継続します。
 なお、九州地⽅整備局におきましては、引き続き各関係機関と連携を図りつつ、各利⽔者における節⽔の広報活動等を推進してまいります。

 

添付資料

 記者発表資料【PDF】

 

問合せ先

 九州地⽅整備局河川部 (092)471-6331(代表)
  ⽔政課 建設専⾨官 渡辺繁城(内線3556)  河川環境課 課⻑補佐 薄⽥邦貴(内線3652)

カテゴリーメニュー

メインメニュー

ページのトップへ