民間と自治体が連携して取り組むインフラ施設の調査・検討を支援します!~令和2年度 第2回 官民連携基盤整備推進調査費の配分~

  • トップページ
  • 記者発表
  • 令和2年
  • 民間と自治体が連携して取り組むインフラ施設の調査・検討を支援します!~令和2年度 第2回 官民連携基盤整備推進調査費の配分~
Facebookでシェア
twitterでシェア
LINEでシェア

■国土交通省は、「官民連携基盤整備推進調査費」の令和2年度 第2回配分として、地方公共団体が実施する7件の調査(港湾・公園・都市等の事業化検討)の支援を決定しました。

 

■九州地方整備局管内では下記の1 件への支援が決定されましたのでお知らせします。(別添1)

 ・指宿港海岸における観光交流拠点形成のための基盤整備検討調査[実施主体:鹿児島県指宿市(別添2)]

 

◆官民連携基盤整備推進調査費の概要(別添3)

 本事業は、民間の設備投資等と一体的に実施する官による基盤整備(道路・港湾・河川・公園・都市等)の事業化検討を支援するための制度です。

 (配分先:地方公共団体、補助率:1/2)

 

【 その他 】
 ・募集情報や過去の実施事例等は下記をご覧下さい。
  国土交通省HP「官民連携による地域活性化のための基盤整備推進支援事業」
 (http://www.mlit.go.jp/kokudoseisaku/kanminrenkei.html

 

添付資料

記者発表資料【PDF】

 

問合せ先

九州地方整備局 企画部 企画課長補佐  原口 芳樹 (内線:3155)
TEL:092-471-6331(代表) 092-476-3542(直通)

カテゴリーメニュー

メインメニュー

ページのトップへ