球磨川に架かる橋梁10橋、両岸道路約100kmの早期復旧に向け国の権限代行による災害復旧事業に着手 ~道路法改正後、県道等の災害復旧代行の初適用~

  • トップページ
  • 記者発表
  • 令和2年
  • 球磨川に架かる橋梁10橋、両岸道路約100kmの早期復旧に向け国の権限代行による災害復旧事業に着手 ~道路法改正後、県道等の災害復旧代行の初適用~
Facebookでシェア
twitterでシェア
LINEでシェア

 

○ 令和2年7月豪雨における八代(やつしろ)市から人吉(ひとよし)市間の国道219号等の道路の被災については、球磨川(くまがわ)を渡河する橋梁が10橋流失するなど、被害が広範囲に及んでおり、被災地方公共団体より国による早期復旧のご要望をいただいていることから、国土交通省では、流失した橋梁10橋を含む国道219号や熊本県道等の約100kmの災害復旧事業を国が代行することに決定しました。

○ まずは、国道219号と並行する県道を組合せた1本の啓開ルート確保を8月上旬を目途に進めております。また通学路にも指定されている西瀬橋への仮橋設置に着手します。

○ なお、先般の国会において、県道等の災害復旧事業においても国が代行できるよう道路法の改正(令和2年5月)を行いましたが、今回この適用により迅速な代行に努めて参ります。

 

直轄代行の概要

 1.球磨川に架かる橋梁:10橋【深水(ふかみ)橋、鎌瀬(かませ)橋、相良(さがら)橋、西瀬(にしぜ)橋等】
 2.球磨川両岸の道路:約100km【国道219号、主要地方道人吉水俣(ひとよしみなまた)線等】

 

 添付資料

 記者発表資料【PDF】

問い合わせ先

 九州地方整備局 道路部 道路計画第一課 課長 野村 文彦(のむら ふみひこ)
                        TEL:092-476-3529(直通)
                        FAX:092-476-3478

カテゴリーメニュー

メインメニュー

ページのトップへ