令和2年7月豪雨により、流失した西瀬橋の にしぜ 仮橋設置のため現地着手 ~九州技術事務所が保有する仮橋を活用~

  • トップページ
  • 記者発表
  • 令和2年
  • 令和2年7月豪雨により、流失した西瀬橋の にしぜ 仮橋設置のため現地着手 ~九州技術事務所が保有する仮橋を活用~
Facebookでシェア
twitterでシェア
LINEでシェア

 

○ 令和2年7月豪雨により、主要地方道人吉水俣(ひとよしみなまた)線の西瀬(にしぜ)橋については、一部橋桁の流失等により、7月4日から全面通行止めとなっているところです。

○ これまで、橋梁の専門家やTEC-FORCE等による被災状況や健全度調査結果をもとに復旧工法の検討を行い、準備が整った西瀬橋の流失した橋桁を、九州技術事務所が保有する仮橋で復旧する工事に、7月23日から現地着手します。

○ 引き続き、一日も早い復旧に向け、全力で取り組んでまいります。

添付資料

記者発表資料【PDF】

問合せ先

九州地方整備局 道路部 道路計画第一課 課長 野村 文彦(のむら ふみひこ)
                        TEL:092-476-3529(直通)
                        FAX:092-476-3478

カテゴリーメニュー

メインメニュー

ページのトップへ