品確法の改正を踏まえた公共工事の発注関係事務に関する「新・全国統一指標」の目標値及び「九州独自指標」の項目、目標値を決定~九州ブロック発注者協議会において公共工事の品質確保の取組を推進~

  • トップページ
  • 記者発表
  • 令和2年度
  • 品確法の改正を踏まえた公共工事の発注関係事務に関する「新・全国統一指標」の目標値及び「九州独自指標」の項目、目標値を決定~九州ブロック発注者協議会において公共工事の品質確保の取組を推進~
Facebookでシェア
twitterでシェア
LINEでシェア

令和2年12月25日

 

 改正品確法の理念を現場で実現するため、令和2年5月20日に公表された「新・全国統一指標」の項目に加え、その目標値と「九州独自指標」の項目と目標値を決定しました。今後、九州ブロック発注者協議会において継続的に審議し、公共発注者が一丸となって、公共工事の品質確保に取り組んでまいります。

<新・全国統一指標>
◆工事
 ①地域平準化率(施工時期の平準化)
 ②週休2日対象工事の実施状況(適正な工期設定)
 ③低入札価格調査基準又は最低制限価格の設定状況(ダンピング対策)
 

◆測量、調査及び設計(業務)
 ①地域平準化率(履行期限の分散)
 ②低入札価格調査基準又は最低制限価格の設定状況(ダンピング対策)

<九州独自指標>
◆工事
 ①最新の積算基準の適用状況及び基準対象外の際の対応状況
 ②設計変更ガイドラインの策定・活用状況
 

◆測量、調査及び設計(業務)
 ①ウィークリースタンスの実施

添付資料

記者発表資料【PDF】

問い合わせ先

国土交通省 九州地方整備局 企画部 技術管理課長 甲斐 浩幸 内線3311
                    課長補佐 村田 茂男 内線3313
                     代表:092-471-6331
                     直通:092-476-3546

カテゴリーメニュー

メインメニュー

ページのトップへ