令和2年度 災害復旧等支援活動団体へ感謝状を贈呈しました~2月17日 九州地方整備局で感謝状贈呈式を行いました~

  • トップページ
  • 記者発表
  • 令和2年
  • 令和2年度 災害復旧等支援活動団体へ感謝状を贈呈しました~2月17日 九州地方整備局で感謝状贈呈式を行いました~
Facebookでシェア
twitterでシェア
LINEでシェア

 令和2年7月豪雨等、今年度発生した自然災害への技術的な支援活動や、被災地への復旧・復興に資する資機材の調達等の支援活動をもって多大な貢献をされた2団体へ九州地方整備局 統括防災官より感謝状を贈呈しました。

1.感謝状を授与された団体

 一般社団法人 日本建設業連合会 九州支部
 九州防災エキスパート会

2.感謝状贈呈の経緯等

 〇一般社団法人日本建設業連合会九州支部
 九州地方整備局管内において地震・大雨等の自然災害及び予期できない災害等が発生した場合に、被害の拡大防止と被災施設の早期復旧に資することを目的として、「災害時における九州地方整備局管内の災害応急対策業務に関する協定」を締結しており、防災訓練への参加や気象情報の提供等、災害発生時に迅速に体制構築できるよう連携を図っています。令和2年7月豪雨では、発災後直ちに被災地対応に向けた体制を構築し、国土交通省九州地方整備局の要請により、土嚢袋約20万袋をはじめ多岐にわたる復旧用資材等の調達及び被災地への輸送を迅速に行い、被災地の緊急復旧に貢献いただきました。

 〇九州防災エキスパート会
 公共土木施設等の整備・管理等について専門的なノウハウを持ち、大規模災害時の被災情報の収集や平常時における異常等の迅速な収集等の支援活動を行う災害ボランティア組織です。九州地方整備局とは、自然災害発生時の被災状況の把握や応急対応の助言等の協力体制を構築しています。令和2年7月豪雨及び台風第10号襲来では、被災した大規模な公共土木施設等の復旧を、迅速かつ確実、効果的に図るべく、これまでに培った豊富な経験と専門的知識により被災状況の収集・応急対応に関する助言等の支援活動に貢献いただきました。

【参考】贈呈式の概要

○ 日 時:令和3年2月17日(水)

○ 場 所:国土交通省 九州地方整備局 災害対策室

○ 出席者:一般社団法人日本建設業連合会九州支部
         支部長     小森 浩之 氏 他2名
     九州防災エキスパート会
         会長      大塚 強史 氏 他2名
     国土交通省 九州地方整備局
         統括防災官   靍  敏信
         総括防災調整官 光武 孝弘 他

 添付資料

 記者発表資料【PDF】

 問い合わせ

 国土交通省 九州地方整備局 防災室
 

    防災室長      野村 真一


    防災室 建設専門官 真次 慶一 電話:092-476-3544(直通)

カテゴリーメニュー

メインメニュー

ページのトップへ