官民連携により海の中道海浜公園に“新たな魅力”を生み出す「滞在型レクリエーション拠点」が来年春に誕生します ~ Park-PFI の公募設置等計画を認定しました ~

  • トップページ
  • 記者発表
  • 令和3年度
  • 官民連携により海の中道海浜公園に“新たな魅力”を生み出す「滞在型レクリエーション拠点」が来年春に誕生します ~ Park-PFI の公募設置等計画を認定しました ~
Facebookでシェア
twitterでシェア
LINEでシェア

令和3年5月17日

 海の中道海浜公園では、博多湾に面したB 地区を中心に、Park-PFI による新たな魅力づくりを進めています。

 公募の結果、事業を担う民間事業者(公募設置等予定者)が昨年1月に選定され、本日、事業の計画(公募設置等計画)が適当である旨の認定を行いました。

 今後は、認定を受けた公募設置等計画に基づき、民間事業者により新たに球体テント等の宿泊施設やアスレチックタワー等の整備が進められ、来年3月頃、新たな「滞在型レクリエーション拠点」がオープンする予定です。

 

計画概要

○計画提出者  海の中道パーク・ツーリズム共同事業体
       (代表法人:三菱地所(株)、構成法人:積水ハウス(株)、(一財)公園財団、(株)オープン・エー)

○場    所 福岡県福岡市東区大字西戸崎18-25 海の中道海浜公園 B 地区内

○期    間 当初の設置管理許可日から20 年

○主な新設施設 宿泊施設、屋外BBQ スペース、アスレチックタワー、屋内遊戯施設 等

○今後の予定  令和3年7月頃 工事着手、令和4年3月頃 運営開始

○コンセプト 「海の中道パーク・ツーリズム」
       公園という身近な存在でありながらも、1日中そこで過ごすことで今までにない非日常を体験することができる旅「パーク・ツーリズム」を実現

添付資料

記者発表資料【PDF】

問い合わせ先

国土交通省 九州地方整備局 電話番号:(092)471-6331(代表)
                   (092)707-0187(直通)
  建政部 公園調整官 澤田 大介 (内線:6170)
      建設専門官 寺岡 岳彦 (内線:6115)

カテゴリーメニュー

メインメニュー

ページのトップへ