道路土工構造物点検及び防災点検の効率化技術に関する公募について~効率的・合理的な点検に資する新技術の開発・活用の促進を図ります~

  • トップページ
  • 記者発表
  • 令和3年度
  • 道路土工構造物点検及び防災点検の効率化技術に関する公募について~効率的・合理的な点検に資する新技術の開発・活用の促進を図ります~
Facebookでシェア
twitterでシェア
LINEでシェア

 道路を構成する土工構造物等は、全道路延長に占める割合が約8割を占めており、施設量が膨大かつ広範囲であることから、点検及び記録作業に時間と労力が必要となります。また、近接目視による点検が主体であり、高所における点検・調査にあたっては危険作業となる課題もあります。
 このため、道路土工構造物や自然斜面に対して、近接目視によらない点検や地形判読等の人的誤差や労力を低減させる点検、法面崩壊に起因する兆候の把握などが可能な効率的・合理的な点検について、調査・診断技術の将来的な研究・開発も視野に入れ、今回、「土工構造物点検及び防災点検の効率化技術」に活用できる技術公募を実施します。
 また、技術検証の結果、技術の性能値等が確認できたものは、国土交通省において、道路土工構造物点検及び防災点検を効率的に実施するための有用な技術情報として掲載する予定です。
 なお、本公募は企業や製品・技術の認定を行うものではありません。

公募期間

 令和3年7月6日(火)から令和3年8月10日(火)17時必着

公募要領、応募資料作成要領及び応募様式

 下記ホームページより要領及び様式をダウンロードできます。
 http://www.pwrc.or.jp/tenken_kourituka.html

公募に関する問い合わせ

 一般財団法人 土木研究センター 土工構造物研究部 点検効率化技術導入促進担当
 FAX:029(864)2515、E-Mail: donyu-dokotenken@pwrc.or.jp
 ※本技術公募は、令和2年4月27日に開催された道路技術懇談会を経て導入促進機関として選定された「一般財団法人 土木研究センター」が行います。

 添付資料

記者発表資料【PDF】

問い合わせ先

 ① 技術公募について
  国土交通省九州地方整備局道路部 道路管理課 課長 猪狩(内4411)、課長補佐 増尾(内4412)
  代表:092-471-6331 FAX:092-476-3481
 ② 新技術導入促進計画について
  国土交通省道路局国道・技術課技術企画室 課長補佐 梅林(内37893)
  代表:03-5253-8111 直通:03-5253-8498 FAX:03-5253-1620

カテゴリーメニュー

メインメニュー

ページのトップへ