委託契約会社員の新型コロナウイルス感染について

Facebookでシェア
twitterでシェア
LINEでシェア

令和3 年8 月2 4 日

 

 九州地方整備局管内で、整備局発注業務に従事する委託契約会社員2名が、新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。詳細は以下のとおりですが、いずれのケースも不特定多数の方と接する業務には従事しておらず、本人が従事していた業務スペース等については、既に消毒を済ませています。

 

(1) 福岡国道事務所(福岡県福岡市)
 

 8月23日(月)、同事務所で業務に従事する委託契約会社員1名(20代、福岡県飯塚市在住)が、新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。
 

 当該社員は、8月18日(水)に濃厚接触者となり、8月21日(土)にPCR検査を受検し、8月23日(月)に陽性が判明しました。

 

(2) 大分河川国道事務所(大分県大分市)
 

 8月23日(月)、同事務所で業務に従事する委託契約会社員1名(50代、大分県大分市在住)が、新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。
 

 当該社員は、8月22日(日)に新型コロナウイルスに感染した家族の濃厚接触者として、8月23日(月)にPCR検査を受検し、同日陽性が判明しました。

 

 九州地方整備局は、事務所に出入りされる方や勤務する職員の安全確保を最優先に、引き続き、保健所の指導の下に適切に対処していく所存でございますので、何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 

添付資料

記者発表資料【PDF】

問い合わせ先

国土交通省 九州地方整備局 広報広聴対策官 山田 浩徳(内線:2117)
              総務部 厚生課長 西 渉 (内線:2551)
代 表 092?471?6331
直 通 092?476?3506
FAX 092?476?3457

カテゴリーメニュー

メインメニュー

ページのトップへ