職員の新型コロナウイルス感染について

Facebookでシェア
twitterでシェア
LINEでシェア

令和3年9月1日

 8月31日(火)、九州地方整備局関門航路事務所(福岡県北九州市)に勤務する職員1名(30代、下関市在住)が、新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。
 

 8月30日(月)に発熱症状があり、8月31日(火)に抗原検査を受けたところ、同日に陽性が判明したもので、現在自宅において療養中です。
 

 当該職員は、8月28日(土)に感染した職員(8月30日(月)公表)と同一部署に勤務しており、保健所より濃厚接触者に認定されておりました。
 

 また、当該職員は、不特定多数の方と接する業務には従事しておらず、本人が従事していた業務スペース等については、既に消毒を済ませております。
 

 今後については、保健所の指導を受けながら、濃厚接触者の特定や感染拡大防止などに努めるとともに引き続き勤務する者の健康に注意を払ってまいります。
 

 九州地方整備局は、当該官署に出入りされる方や勤務する職員の安全確保を最優先に、引き続き、保健所の指導の下に適切に対処していく所存でございますので、何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

添付資料

記者発表資料【PDF】

問い合わせ先

国土交通省 九州地方整備局 総務部 人事企画官 田中 幸治
            電話 092?418?3355
            FAX 092?418?3032

カテゴリーメニュー

メインメニュー

ページのトップへ